特報!2020年2月27日ルイ・ヴィトン新作フレグランス発売!

『007 美しき獲物たち』Vol.8|タニア・ロバーツという悲劇のボンドガール

ボンド・ガール
ボンド・ガール 女を磨くアイコン 映画女優
この記事は約5分で読めます。

悲劇のボンドガール タニア・ロバーツ

2000人の候補者の中から選ばれた最後のチャーリーズ・エンジェルだったタニア・ロバーツ(1955-)は、奇しくもロジャー・ムーア=ボンドの最後のボンドガールとなりました。

ニューヨークのブロンクスの極貧家庭で育った彼女は、貪欲にアクターズ・スタジオでリー・ストラスバーグに師事し、ブロンクス訛りの悪声の矯正のために5年間ヴォイストレーニングも行い、オフブロードウェイで経験を重ねながら、演技派女優の道を模索しました。

しかし、オファーされる役柄はその美貌とスタイル(173cm)を生かすものばかりでした。その最たるものが、ジョン・ギラーミン監督の『シーナ』(1984)だったのです。

そんな時に、シャロン・ストーンなどのライバルを押しのけ、手にしたボンドガールの切符。しかも、共演者はオスカー俳優のクリストファー・ウォーケンという幸運に彼女は、黒髪をブロンドヘアにして、撮影に臨みました。

彼女の有名な言葉にこういう言葉があります。「ジェーン・フォンダもそのキャリアは『バーバレラ』からはじまりました。そして、キム・ベイシンガーもボンドガールの翌年に『ナチュラル』で素晴らしい役柄を手に入れたのです」と。

しかし、この作品が、タニア・ロバーツのキャリアの後押しをすることはありませんでした。それどころか、全てグレイス・ジョーンズに持って行かれたのでした。



スポンサーリンク

ステイシー・サットン スタイル1

パンツスーツ
  • 白のパンツスーツ
  • 黒のVネックカットソー
  • 黒のパテントレザークラッチ
  • 白いフレームのキャットアイサングラス

このパンツスーツルックは、80年代を象徴するパワーショルダーが魅力的です。ステイシー・サットンが初めて登場するシーンで着ているだけあって、彼女の役柄を説明するスタイリングがなされているのですが、ジョン・グレン監督は、女優のファッションを生かす撮影が、上手くないです。この衣装も映画の中で、何の化学変化も生み出すことなくただ現れ、すぐに消えていきます。

あらゆる映画作品にとって女優のファーストルックは、雌雄を決するものなのです。

ヘリコプターから颯爽と登場するステイシー。しかし、衣装と素材を生かすカメラアングルで撮影はされなかった。

基本的にジョン・グレイはボンドガールを生かす撮影が上手くない(演出も含めて)。

ステイシー・サットン スタイル2

スリップドレス
  • ブルーベースのマルチカラースリップドレス

タニア・ロバーツというボンドガールの美貌と魅力が発散されている衣装がこのスリップドレスです。しかし、何よりも、興味深いのは、彼女は、このパーティーにおいて、宝石の類を一切付けていないという点です(ここをボンドが指摘しなくてどうするんだ?)。

つまりは、彼女にとって、このパ-ティーは仇の催し事であるという姿勢なのです。しかし、その復讐者の姿勢が、タニアの演技力の問題ではなく、監督と脚本の問題により全く観る者に伝わりません。

ただただ、シャンパンを持ち口説きにきたボンドに対して、「何?このオジサンは?」という冷ややかな眼差しで見つめる冷めた美女というイメージを与えるのみでした。

実に美しい配色のマルチストライプ。

2つのスパゲッティストラップはサイドからだらんと垂らすように着るみたいです。

不思議なことにタニア・ロバーツが登場すると途端に舞台は、フランスからカリフォルニアに移動したようなムードに包まれます。

右の女性が全てを持っていきました。

スポンサーリンク

ステイシー・サットン スタイル3

ラップドレス
  • エメラルドグリーンのラップドレス、プリーツスカート
  • グレージュのハイヒールパンプス



ステイシー・サットン スタイル4

ブラックドレス
  • ブラックホルターネックドレス



作品データ

作品名:007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
監督:ジョン・グレン
衣装:エマ・ ポーテウス
出演者:ロジャー・ムーア/クリストファー・ウォーケン/グレイス・ジョーンズ/タニア・ロバーツ/アリソン・ドゥーディ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました