エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

『007 美しき獲物たち』Vol.5|クリストファー・ウォーケンとドルフ・ラングレン

その他
その他 女性目線の男磨き
この記事は約4分で読めます。

ドルフ・ラングレン現る

本作は、当時グレイス・ジョーンズ(1948-)と付き合っていたドルフ・ラングレン(1957-)の映画デビュー作です。この時に撮影したボクサーパンツ写真が、『ロッキー4』のドラゴ役を獲得させる原動力となったのでした。



スポンサーリンク

マックス ゾーリン スタイル5

乗馬ルック
  • ブラックウールのハッキングジャケット(乗馬用ジャケット)、3つボタン、ノッチラペル、裏地が赤いシルク、センターベント
  • ブラックタイ
  • 赤のシルクのポケットチーフ
  • フランク・フォスターのホワイトシャツ
  • ダークブラウンのジョッパーズ(乗馬パンツ)
  • ブラックレザー乗馬ブーツ
  • ブラックベルベットの乗馬ヘルメット
  • ベージュのリブ編みニットとブラウンレザーのグローブ

ゾーリンのブラックスーツ・スタイル。

マックス ゾーリン スタイル6

ダブルのスーツ
  • チャコールグレーのピンストライプスーツ、ダブル、ピークドラペル、サイドベンツ
  • フランク・フォスターの薄いグレー生地に白いストライプシャツ
  • 赤のシルクタイ
  • 赤のシルクのポケットチーフ

後ろで無言で控えるスカートスーツ姿の角刈り女の存在感。彼女に負けない存在感を出せるのはこの人くらいしかいません。

この赤いネクタイのスタイリングはとても80年代です。

スポンサーリンク

マックス ゾーリン スタイル7

レザーブルゾン
  • ダークブラウンのレザー・ブルゾン、シングル
  • ブラックレザーベルト、真鍮のバックル
  • グレーのトラウザー
  • フランク・フォスターのホワイト・シャツ

ウォーケンには、レザーブルゾンが似合わない。

マックス ゾーリン スタイル8

グレースーツ×レッドタイ
  • グレースーツ(スタイル4のもの)
  • 薄いグレー生地に白いストライプシャツ(スタイル6のもの、ネクタイもポケットチーフも)

特にこのスーツのショルダーパッドは、当時、ヤッピー(アメリカの高学歴のエリートサラリーマンを指す。1984年から使われだした)と呼ばれた男性たちのパワールックそのものです。

スポンサーリンク

マックス ゾーリン スタイル9

ラスト・ルック
  • ブラック・ダブルジャケット、ピークドラペル、サイドベンツ
  • ライトグレー・トラウザー
  • ブラックレザーベルト
  • グレーレザー・ローファー
  • レジメンタルタイ
  • フランク・フォスターのホワイトシャツ
  • カルティエ ヴァンドーム サントスの眼鏡

強化人間ゾーリンを演じたクリストファー・ウォーケンは、ボンドムービーの中でも有数の敵役を演じあげました。それにしても、デヴィッド・ボウイのようなブロンドヘアのウォーケンのファッションは、今見てもかなりモードです。細身のピークドラペルのダブルのスーツなぞは、タイムレスなスタイルです。


作品データ

作品名:007 美しき獲物たち A View to a Kill (1985)
監督:ジョン・グレン
衣装:エマ・ ポーテウス
出演者:ロジャー・ムーア/クリストファー・ウォーケン/グレイス・ジョーンズ/タニア・ロバーツ/アリソン・ドゥーディ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました