究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ディプティック】タムダオ(ダニエル・モリエール/ファブリス・ペルグラン)

その他
その他ディプティックブランド調香師香りの美学
この記事は約6分で読めます。

タムダオ

原名:Tam Dao
種類:オード・トワレ
ブランド:ディプティック
調香師:ダニエル・モリエール、ファブリス・ペルグラン
発表年:2003年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/14,300円、100ml/19,470円
販売代理店ホームページ:DEPACO(大丸松坂屋コスメオンラインストア)

ディプティック diptyque ディプティック タム ダオ オードトワレ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 メンズ レディース ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:760円
(2022/7/16 17:25時点)
感想(17件)

ディプティック diptyque タムダオ オードトワレ EDT ユニセックス 2ml [香水・ミニサイズ]:【ネコポス】 再入荷06

価格:1,350円
(2022/7/16 17:27時点)
感想(12件)

スポンサーリンク

ヴェトナムの寺院周辺の密林の香り

ディプティックを代表する香りのひとつである「タムダオ」は2003年に発売されました。ダニエル・モリエールファブリス・ペルグランにより調香されました(セシル・マットンも共同調香師として参加)。

ディプティックの3人の創業者のうちの1人であるイヴ・クロエン(1926-2013)は、1930年代に、当時フランスの植民地だったベトナム北部のトンキン(現代のハノイ)で育ちました(父親はインドシナ銀行の弁護士だった)。

トンキンのうだるような暑さと喧騒の日々から逃れるために、涼しい山間部の街で過ごした休日の想い出はイヴの中で永遠に色褪せないものでした。ハノイから約80km離れた標高約1000mの高原地帯にあるその街の名を「タムダオ」と申します。

太平洋戦争がはじまるまでフランス人の避暑地として栄えた「タムダオ」。そして、長い年月を経て1995年にイヴはタムダオを再訪し、鬱蒼とした密林の空気と夏のある時期だけ体感できる清涼感たっぷりのトロピカルミストの組み合わせを香りにしようと閃いたのでした。

イヴのタムダオでの少年時代の記憶の中で最も印象に残っていた香りは、象によって運ばれたサンダルウッドの薪の香りでした。薪を運ぶ象がジャングルを歩く姿が、木漏れ日に照らされ、清々しさに包まれる奇跡的な瞬間を捉えた香りです。

ちなみにイヴ・クエロンの幼少期の思い出から生み出されたもうひとつの香りは、チューベローズの香りである「ドソン」(ファブリス・ペルグラン)でした。

スポンサーリンク

歴史的なサンダルウッドの香り


タムダオの深い森の中にある神聖な寺院の中で焚かれるサンダルウッドが、大自然の森林の芳香に溶け込んでゆく香り。大自然の森林の芳香が、サンダルウッドに溶け込むのではなく、その逆であること(つまりクリーミーさが突出していないところ)がこの香りに非凡さと普遍性を生み出しています。

東インドのゴア産の天然のサンダルウッド(樹齢60年以上の木だけを使用)が使用されているこの香りは、香木というよりも光木と呼ぶべき輝きからはじまります。サイプレスの木の輝きです。イソEスーパーが実に効果的に調香されています。

そして、カンファーの効いたマートルが、ハーバルかつフルーティーな甘さを加えながら、まるでライムの果汁をかけたようにサイプレスにミステリアスなムード(ある時は非常に不愉快な金切り声のような不快感)を与えてゆきます。

すぐにサンダルウッドがシダーの透き通るような清涼感に包み込まれるようにドライウッディな香りを放ちます。やがて、ローズウッドが、百合の花の柔らかな甘さを加えながら、木の美しさを際立たせてゆきます。

何よりも素晴らしいのは、この香りにおける最初からベースに存在するスパイスの役割です。とても巧みにブレンドされており、ペッパーやナツメグ以外は認識不可能です。

そして、香り全体が、アンバーグリスとホワイトムスクの甘い暖かさに包まれる中、サンダルウッドは、突然、最後の光を放つように、クリーミーさを静かに放出しながら消滅してゆくのです。

溢れかえる多くの光景に溺れないために出来ること、それは人間であることをやめること。この香りを身にまとうと、サンダルウッドが肌に馴染んでくれるのではなく、あなたの心が、大地の木のようにおおらかになり、心まるごと4時間~5時間にかけて清涼感に包まれた木そのものになります。

つまりは、肌馴染みの良い香りと表現するよりも、瞑想の森の一員になることが出来る香りなのです。だからこそ、この香りを身に纏う人は、何か得心している人のように周りを感動させるのです。なぜならこの人はその瞬間木なのだから。

スポンサーリンク

木の美しさに心が奪われてしまう香り


熱帯雨林が光り輝くような、木々のトロピカルミストに包まれながら歩いていくと、やがて、視界が開け、ツタ植物に覆われた神秘的な寺院に到着し、そこから仄かなサンダルウッドの香りを感じる。そこまでを表現したような香りです。

そして、「オードパルファム」において、その後のストーリーは展開してゆくのです。寺院の階段を駆け上り、いざ中に踏み込んでいく瞬間。そこにあるのは輪廻転生なのでしょうか?それともシャングリラなのだろうか?

コムデギャルソンの「ワンダーウッド」を連想させる香りであり、シャネルの「エゴイスト」からオレンジをもぎ取ったような香りです。

タニア・サンチェスは『世界香水ガイド』で、「タムダオ」を「木の家具」と呼び、「新しいオーク材のキッチンテーブルが届いたとき、こんな匂いがを放っていた。乾燥した材木と、テレピンの明るいライムの香り。」

「タムダオのスモーキーシダーは、ラルチザンの「ゾンカ」の香木に似た香りだが、それよりもかなり控えめで、率直な作品だ(私の記憶が正しければ、発売当初はクリーミーなサンダルウッドだった。しかし最近サンダルウッドは供給不足で、状況は変わってしまった)。本物の香水というより、可憐な香りといった感じ。たぶん、身につけるよりも、クローゼットや枕に吹きかけるほうがよいだろう。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:タムダオ
原名:Tam Dao
種類:オード・トワレ
ブランド:ディプティック
調香師:ダニエル・モリエール、ファブリス・ペルグラン
発表年:2003年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/14,300円、100ml/19,470円
販売代理店ホームページ:DEPACO(大丸松坂屋コスメオンラインストア)


トップノート:イタリアン・サイプレス、マートル、ローズ
ミドルノート:サンダルウッド、シダー
ラストノート:ブラジリアン・ローズウッド、スパイス類、アンバーグリス、ホワイトムスク

ディプティック タムダオ オードトワレ 50ml DIPTYQUE TAMDAO EDT [5746]

価格:14,335円
(2022/7/16 17:28時点)
感想(4件)

ディプティック タムダオ オードトワレ 100ml DIPTYQUE TAMDAO EDT [5852]

価格:19,309円
(2022/7/16 17:28時点)
感想(6件)

タイトルとURLをコピーしました