究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】シャリマー パルファン イニシアル ロー(ティエリー・ワッサー)

ゲラン
©GUERLAIN
ゲランティエリー ワッサーブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

シャリマー パルファン イニシアル ロー

原名:Shalimar Parfum Initial L’Eau
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2012年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:40ml/6,825円

スポンサーリンク

日本の16歳につけてもらいたいシャリマー

©GUERLAIN

〝10代から20代前半の女性に捧げるシャリマー〟=〝ファースト・シャリマー〟というコンセプトで2011年に発売された「シャリマー パルファン イニシアル」(オード・パルファム、日本未発売)の成功に続いて、翌年に発売され、日本でも大々的に発売されたのが本作「シャリマー パルファン イニシアル ロー」です。

「 L’Eau」とは、フランス語で「水」という意味です。軽やかで爽やかなアンバーフローラルの香りは、ゲランの五代目専属調香師ティエリー・ワッサーにより調香されました。

若々しく弾けるネロリとグレープフルーツが、シャリマーの心臓ともいえるベルガモットと絡み合うフレッシュグリーンなトップノートからはじまり、ミドルのアイリスは前作よりも遥かにトーンダウンされ、ヒヤシンス、フリージア、スズランといった涼しげで爽やかな甘さを持つ5月のフローラルと見事なパウダリック・シンフォニーを奏でてくれます。

そして、ドライダウンに向かうにつれて、アイリスがバニラとトンカビーンと見事に絡み合い、シャリマー独特のインセンスの香りを連想させてくれます。

日本の少女達が、フレグランスIQを高めていくきっかけになり得る香りでした。

フレグランスに付けやすさを求めるのは、お子様ランチを食べるようなものであり、繊細な味覚を培うように、香りに対しても嗅覚を研ぎ澄ましていくためには、若いうちからこのような香りに接していくことが大切なのです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:シャリマー パルファン イニシアル ロー
原名:Shalimar Parfum Initial L’Eau
種類:オード・トワレ
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2012年(現在廃盤)
対象性別:女性
価格:40ml/6,825円


トップノート:ネロリ、ベルガモット、グレープフルーツ、オレンジ
ミドルノート:アイリス、ジャスミン、ヒヤシンス、フリージア、ダマスクローズ、スズラン
ラストノート:トンカビーン、バニラ

タイトルとURLをコピーしました