究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】シャリマー・シリーズの全て

ゲラン
ゲラン ブランド 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

シャリマー

Shalimar 世界中で一時間に108本売れており、世界中の調香師の95%がこの香りの影響を受けていると公言するほどの香りである「シャリマー」。サンスクリット語で、〝愛の宮殿〟を意味するこの香りによってゲランは、狂乱の20年代に、アメリカ進出を果たし、ゲラン帝国の礎を築くことになるのでした。

戦争においても平和においても決して離れず、ムガール帝国の最盛期を作り上げた皇帝シャーとその愛妃ムムターズ。そんな二人のロマンスこそが、西欧の東洋に対する神秘を表現しうる題材だと感じ取った、ゲランの三代目専属調香師ジャック・ゲランにより、1921年に生み出されたこの香りは、1925年に発売され、世界最初のオリエンタル・ノートとして記念碑的な作品になりました。

そんなシャリマーが21世紀に入り、にわかに多くの派生品を生み出すようになりました。

正確には2003年以降であり、それは1994年にLVMHに買収されたことによりはじまりました。ここに、ゲランのフレグランス・スペシャリストでさえも把握しきれないシャリマー一族について徹底分析を行ってみたいと思います。

スポンサーリンク

シャリマー一族の陰謀



全てのはじまりは2003年にマチルド・ローランにより生み出された〝ミレニアル世代のためのシャリマー〟である「シャリマー オー レジェール」からはじまりました。

そして、そういった流れを歓迎しなかった師匠ジャン=ポール・ゲランとの悶着の果てに、マチルドは、カルティエの専属調香師となり、ジャン=ポールも愛弟子との瓦解に意気消沈し、2007年にゲランのCEOに就任したローラン・ボワロの戦略に沿って、クリエイティヴ・ディレクターのシルヴェーヌ・ドゥラクルトに全ては委ねられることになりました。

かくして、2008年に五代目専属調香師に就任したティエリー・ワッサーは、2010年に「シャリマー オードゥ ア ラ ヴァニーユ」というシャリマーのエチルバニリンを天然のバニラに置き換えた意欲作を生み出し、2011年には、「シャリマー パルファン イニシアル」という〝16歳のためのシャリマー〟、そして、2014年には、「シャリマー スフル ドゥ パルファン」という〝みんなのシャリマー〟を生み出していくのでした(現在進行形)。

そんな量産されるシャリマー一族について、苦々しく感じているゲラン愛好家もいれば、毎年「どのような新しいシャリマーが発売されるのだろうか?」と楽しみにしている人々もいます。

どちらにしても、ここで、代表的なシャリマー一族について紹介させていただきたいと思います。

年代順で見る「シャリマー」シリーズ

2019年


シャリマー スフル ドランジェ(ティエリー・ワッサー)

2015年


シャリマー コローニュ(ティエリー・ワッサー)

2014年


シャリマー スフル ドゥ パルファン(ティエリー・ワッサー)

2012年


シャリマー パルファン イニシアル ロー(ティエリー・ワッサー)

2011年


シャリマー パルファン イニシアル(ティエリー・ワッサー)

2010年


シャリマー オードゥ ア ラ ヴァニーユ(ティエリー・ワッサー)

2008年


オー ドゥ シャリマー(ジャン=ポール・ゲラン)

2003年


シャリマー オー レジェール(マチルド・ローラン)

1925年


シャリマー パルファム(ジャック・ゲラン)

シャリマー オーデパルファン(ジャック・ゲラン)

シャリマー オーデトワレ(ジャック・ゲラン)

タイトルとURLをコピーしました