究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『007/ドクター・ノオ』Vol.1|ショーン・コネリー、初代ジェームズ・ボンド

ジェームズ・ボンド
ジェームズ・ボンド 女性目線の男磨き
この記事は約7分で読めます。

初代ジェームズ・ボンド=ショーン・コネリー

007シリーズを知らずしてメンズ・ファッションを語るなかれ!とよく言います。タキシードを着た殺し屋。スーツを着て戦うオシャレメンズ。乱れたネクタイを直す仕草。絶世の美女と絶景リゾートと高級車と秘密兵器と世界征服を企む敵に囲まれ刺激的な日々を送る〝リア充〟男の名はジェームズ・ボンド(JB)。

男子として生まれたならば、JBに憧れない男は存在しないだろうと確信させるその存在の持つ説得力。しかし、そんなボンドも、21世紀に入る前には、もう時代遅れなんだよねなどと言われていました。

しかし、21世紀に入り、ダニエル・クレイグが賛否両論の中、JBを演じた後に一気にボンドは、「男の教科書」の地位に駆け上ったのでした。そして、ロンドン五輪の開会式に、エリザベス女王と歩くJBの姿を見たとき、もう世界中の男たちの心のライセンスとして、その存在は決定的に刻み込まれたのでした。

それは明確に、ダニエル・クレイグの存在感が生み出したものでした。そして、人々は彼こそが、あの男以来のボンドのご帰還だと確信したのでした。そう!あの男とは、初代ジェームズ・ボンド=ショーン・コネリーす。007は殺しの番号。彼こそが、タキシードと拳銃という奇跡の組み合わせを体現した最初の人でした。

o0400056013270493156

拳銃とタキシード。このスタイルが世界に与えた影響は計り知れない。

スポンサーリンク

ポップアートではじまるオープニング

James Bond 007 – Dr. No opening credits (1962)[HD]

この映画を成功させるためには、観客に分析を許さないスピードが必要だと考えた!

ピーター・ハント(編集担当)

まずはメイン・タイトルを見てみよう。モーリス・ビンダーの手作り感覚溢れる60年代ポップアートの真髄を!高度なテクノロジーで作成された昨今のコンピューターグラフィックにはない香りがします。それは、自然を見て落ち着く気持ちに近いものとも言えます。

私たちは機械に囲まれ、いまでは手作り感覚のものの中に心の癒しを求めるようになりました。そして、この初代ボンドの洗練さよりも野性味(とちょっぴり荒削りな)を感じさせるオールドファッションな男性像。

男性が求める女性像がそうであるように、女性が求める男性像も「手作り男子(ハンドメイド・メンズ)」が主流になってきています。「手作り男子」とは「オールド・ファッション」と同義語です。つまり、最先端を追いかけるよりも、「伝統のある良いものを愛する心を持ち、さりげなく(ぬかりなく)最先端も愛す」ボンドのような男性なのです。

ジェームズ・ボンド スタイル1

タキシードを着たスパイ
  • テーラー:アンソニー・シンクレア
  • ミッドナイトブルー・ディナージャケット、シングル、サテン・ショールカラー、くるみ1つボタン、サイドベンツ
  • 白のランバンのドレスシャツ。スプレッド・カラー、フロントプリーツ
  • ブラックサテンのボウタイ
  • 白のリネンのポケットチーフ
  • ラウンデッド・スクエア・ゴールド・カフスリング
  • ブラック・パテントレザー・プレーントゥオックスフォード
  • ミッドナイト・ブルー・メルトン・チェスターフィールドコート、ブラックベルベット・カラー、3つボタン
  • グリュエン プレシジョン 510

これこそジェームズ・ボンド・スタイル!

ガントレット・カフ。

フロント・プリーツのドレス・シャツ。

ちょっとだけコートを着ているシーンもある。

グリュエン プレシジョン 510

スポンサーリンク

タキシードで初登場したボンド

マネーペニーと、ジェームズ・ボンド。

記念すべきジェームズ・ボンドの初登場シーンは、タキシード・スタイルでした。

ダニエル・クレイグの最新作に至るまでの約60年間なぜボンドムービーが、男性に愛され続けているのか?という答えが、すでにこの作品の開始10分目に示されていたのでした。

その答えは、もっとも人殺しに相応しくないファッションで人を殺すその姿に、痺れるということでした。この作品以降、ファッションと殺人は共犯関係をより深めることになったのです。そのため通常タキシードはノーベントなのですが、不意のアクションに備えて、サイドベンツの特別仕様となっています。ここでセンターベントではない理由は、よりフォーマルに近づけるためです。

ジェームズ・ボンド スタイル2

ダークグレースーツ
  • テーラー:アンソニー・シンクレア
  • ダークグレーフランネルスーツ、シングル、2つボタン、サイドベンツ
  • ライト・ブルー・コットン、ターンブル&アッサー・ドレス・シャツ
  • ネイビーブルーのターンブル&アッサー・グレナディン・ネクタイ、ウィンザーノット
  • 白のリネンのポケットチーフ
  • ジョン・ロブのブラック・カーフレザー・プレーントゥ・3アイレットダービー
  • ロックアンドコーのオリバーブラウン・フェルト帽
  • ロレックスサブマリーナー6538
bondta4

シャツは、ターンナップカフ(袖の部分は折り返しになっている)。

座ったときに、スーツの仕立ての良さはよく分かります。

空港から出るときに、フェルト帽でさりげなくカメラをかわすボンドの仕草が素敵。ボンドの基本=さりげなく危機を避ける。

ボンドは意外にも作中フェルト帽をあまりかぶらない。

ロレックスサブマリーナ6538

スポンサーリンク

まだまだスーツを知らなかったコネリー

ジャケットとシャツの袖のバランスが絶妙です。しかし・・・

あろうことか、こんなことをしてしまうコネリー。

フランネル素材は、ジャマイカのキングストンのような熱帯には向いていないので、空港に到着してすぐにボンドはこのスーツから、ウール・モヘア混紡に着替えます。寒いイギリスから熱いジャマイカへの移動に伴う現実感を想像させるスーツのチョイスもまたボンドムービーを鑑賞する楽しみです。

このスーツのあるシーンで、2つボタンのスーツの2つ目のボタンまでショーン・コネリーが留めてしまうシーンが登場します。それはまだコネリーがこの作品までスーツをほとんど着たことがなかったためであり、低予算のために取り直しが出来なかったためでした。

作品データ

作品名:007/ドクター・ノオ Dr. No (1962)
監督:テレンス・ヤング
衣装:テッサ・プレンダー ガスト
出演者:ショーン・コネリー/ウルスラ・アンドレス/ジョセフ・ワイズマン/ユーニス・ゲイソン

タイトルとURLをコピーしました