ジェームズ・ボンド

ショーン・コネリー1 『007/ドクター・ノオ』1(4ページ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドクター・ノオから学ぶ「これからのメンズ・スタイル」PART3

さすが007!こういったポーズもさらりとやってのけます。

ボンド・ガール第一号であるウルスラ・アンドレスと。

若き日のマーロン・ブランドにも見えるショーン・コネリー。

drno6-cl-watch1

ロレックス・サブマリナー・オイスター・パーペチュアル6538。

バカンス・スタイルにこそ男性のオンオフの魅力は発揮されます。タキシードとスーツスタイルで決めていたジェームズ・ボンドが、カジュアル・ダウンしているからこそ、その背景にも洗練が漂います。今年の日本の夏もこれはファッション誌などの影響なのですが、オフオフスタイルが流行していました。大都会を闊歩するバカンス・スタイルです。しかし、一言言わせていただくならば、大都会でのへそ出しスタイルと同じくらい、すね毛全開のハーフパンツ姿を見せ付けられるのは、気持ちよいものではありません。

25才を過ぎても、メディアに影響され、自分のファッションのスタイルを持てないで、永遠の21才の如く洗練されないということは、男性にとって死活問題となる可能性があります。これからの男性がせねばならぬこと。それは洗練されたスタイルのオンオフの個性を追求することです。

個性なき男性はまずモテません。男性がモテるということは、まずは女性の印象に残らないといけないのです。これは、高感度セレクトショップの女性販売員にも当て嵌まるのですが、女性が狩りをするときに、最も重要なのは、印象に残る場所であるかどうかなのです。女性ほど衝撃が重要な種族はいません。それは男性の比ではないのです。だからこそ、あなたがその場に現れると〝洗練の衝撃〟に満たされるような個性をオンオフにおいて持つと、狩人を逆に魅了することが出来るのです。

ジェームズ・ボンド・スタイル4 バカンス・スタイル
  • ライト・ブルーショート・スリーブ・ポロシャツ
  • コットンニット。サイド・アジャスター付きのライトブルーのトラウザー
  • ネイビーブルー、キャンバス・デッキシューズ
  • ロレックス・サブマリナー・オイスター・パーペチュアル6538.ブラック・レザー・ストラップ
スポンサーリンク

そして、私たちはマオカラーを着る男に惚れるんだ。

マオカラーを着るジェームズ・ボンド。

完全にウルスラ・アンドレスのスタイリングは失敗しています。

これからの時代はマオカラーの時代に突入する可能性を秘めています。より的確な表現をするならば、今では、ファッションとは、過去の遺産をアイテムに取り入れたものが栄光を勝ち取れる時代なのです。マオカラーは一種のミリタリーテイストです。そこからは『ドラゴン怒りの鉄拳』のブルース・リーと、毛沢東というイメージが連想されるのですが、ジャケットとパンツを切り離してコーディネイトするテイストを提案すれば、これは爆発的なトレンドを生み出すことになるでしょう(洗練とはアンチトレンドなのですが)。

『ドクター・ノオ』が示すファッション黙示録ではないですが、この作品は、イギリスから出発したエレガンスのミサイルの到着地点を中国に定めた恐ろしい作品でもあるのです。なぜ中国なのか?秘密基地はジャマイカにあり、あえて中国色を出す意味はないのですが、スパイムービーとは、世界を股に駆ける男のロマンであり、60年代にそれが最もイメージしやすいテイストがチャイナだったのです。

しかし、ボンドのマオカラーは似合っているのですが、ボンドガールのチャイナ服をどうせならチャイナ・ドレスにするべきでした。もしくはせめてフラットシューズにするべきでした。何か、お土産屋で買ってきたチャイナ服を着てます感がタイムレスに漂ってきています。

ジェームズ・ボンド・スタイル5 マオカラー・スタイル
  • ブラウン・シルクのマオカラー・ジャケット。5つボタンダウン。ヒップポケットなし
  • 白のクルーネック・Tシャツ
  • ストーン・カラーのコットン・パンツ
  • ネイビーのキャンバス地のスリッポン。クレープソール/ネイビーのキャンバス地のラバーソールのダービーの二種類
スポンサーリンク

ページ:
1 2

3

4

最新の投稿

更新カレンダー

2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP