ボンド・ガール

ダニエラ・ビアンキ 『007/ロシアより愛をこめて』2(4ページ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

作品データ

作品名:007/ロシアより愛をこめて From Russia with Love (1963)
監督:テレンス・ヤング
衣装:ジョセリン・リカーズ
出演者:ショーン・コネリー/ダニエラ・ビアンキ/ロバート・ショウ/ロッテ・レーニャ

裏ボンドガール→ロッテ・レーニャ



腕時計のリューズを引っ張るとワイヤーが伸び、それが殺人兵器になるロバート・ショウと、靴に仕込みナイフを装着した女ローザ・クレップが登場します。この悪役を演じる人こそ『三文オペラ』(1931)のロッテ・レーニャ(1898-1981)です。彼女は20世紀の名作曲家クルト・ヴァイルの妻であり、その役柄と同じく激動の20世紀を生きた人でした。

第一次世界大戦後の不景気のドイツでのナチズムの台頭。そして、亡命という風に40代に至るまでは(夫と共に)経済的にも不安定な日々を生きてきた人でした。芸術のために身を捧げてきた彼女が、娯楽大作の悪役を演じるところに面白みがあります(その点はロンドン王立演劇学校出身のシェイクスピア俳優ロバート・ショウも同じく)。これがスーパーモデルのような美女だと、『バイオハザード』チックな子供だましな世界観に包まれることになります。007の魅力は、中年(ボンド)と高年(主に悪役)とそして、若年(ボンドガールと殺し屋)というクロス・ジェネレーションな世界観にあります。

ロッテの演じるローザ・クレップの永井豪のマンガに出てきそうな鬼婆ぶりが実に素晴らしく、衣装も一見地味に見えて、かなりモード色の強いものになっています。女性の美しさはありませんが、杉村春子先生のようなその風貌が、ボンドムービーの中で悪役を嬉々と演じているようでもあり、実に素晴らしいです。ロバート・ショウへの腹への一発といい、最後のボンドへの腰の引けた蹴りといい、恐らく戦闘力はボンドムービー史上最弱だったのかもしれないですが、『ロシアより愛をこめて』はこの人の存在があったからこそ、引き締まった作品になったのです。そして、彼女こそ21世紀のM=ジュディ・デンチと並ぶ裏ボンドガールの一人です。

スペクターNo.3(ローザ・クレッブ)・ルック1
  • グレーのスカート・スーツ。くるみボタン。襟なしのジャケット
  • パープルのシルクスカーフ

この後、ロバート・ショウの腹にパンチを一発入れる。

スペクターNo.3(ローザ・クレッブ)・ルック2
  • 4つのシルバーボタンのグレージャケット、スタンダードカッター、袖にも一つづつ
  • ブラウンのローヒールボウ付きパンプス
  • 黒手袋
  • スカートはゆるくプリーツ
  • ブラウンのカートリッジバッグ

1960年度ミス・ユニバース第二位。ダニエラ・ビアンキ






21世紀において、ボンドガールのステイタスはその歴史の積み重ねの中で飛躍的に高くなりました。そして、今ではソフィー・マルソーを皮切りに、ハル・ベリー、エヴァ・グリーン、レア・セドゥ(&モニカ・ベルッチ)といった第一線で活躍する女優がボンドガールを演じるほどになりました。そんなボンドガールが最もボンドガールらしかった時代。つまりジェームズ・ボンドのアクセサリーとしてのボンドガール時代において最も人気のある人が、ダニエラ・ビアンキなのです。

1960年度ミス・ユニバース。右から二番目。

顔が小さく、足が長い。

実際のところ、ダニエラが演じたタチアナ・ロマノヴァの役柄は、アクセサリー的なものではなく、これこそ21世紀の女優達が演じたボンドガールの原型なのでした。それはチャーミングさと苦悩も兼ね備えた人間的な魅力に満ちたボンドガールの役割です。この役柄が、シリーズを追うごとにアクセサリー化していきます。ダニエラ・ビアンキが最も人気があり、今では神話的でさえもあるボンドガールである要因は、そのチャーミングさをストーリーに見事に絡め合わせた点にあります。それは現在のセレブ達が(好感度アップのために)とってつけたように演出するあのうっとおしくも白々しいものではなく、イタリアンで庶民的な雰囲気を感じさせるチャーミングさなのです。

更に神話要素の二点目は、彼女のボディラインです。それは現代においても、理想とされる女性の造形を兼ね備えています。黙っていると生命が吹き込まれていないお人形のような絶世の美女。それが笑ったり話したりするとひとたび魅力的な表情に変わるそのギャップ。後に記載する「サイドの髪をひげのようにする=マドモアゼル・ムスタッシュ」スタイルこそ、その典型的なシーンです。

スポンサーリンク

ページ:

1

2 3 4

更新カレンダー

2019年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP