『007/ドクター・ノオ』Vol.4|ウルスラ・アンドレス、初代ボンドガール

ボンド・ガール
ボンド・ガール 女を磨くアイコン 映画女優

ボンドガールの誕生

女性にとってのボンドガールという存在は、かつてはファッション誌において全く注目に値しない存在でした。彼女たちは、あくまでジェームズ・ボンドのための添え物に過ぎないという認識が強く、それはあながち間違った認識ではありませんでした。

しかし、その長きにわたるボンドガールの歴史も60年を越えるものとなり、今では歴代ボンドガールから見えてくる女性像の変化の中から、無視できない、女性がより美しくなるための英知が秘められていると考えられるようになりました。

そんなボンドガールが誕生した瞬間を見ていきましょう。この作品の成功のひとつは、ウルスラ・アンドレス(1936-)のビキニにあったと言っても過言ではありません。当時青少年たちは、アクション映画を見るふりをして60分を過ぎて登場するウルスラ扮するハニー・ライダーの褐色の肌を待ち焦がれていました。そして、センスの悪い露出の全くないチャイナ服に着替えるシーンがやってくると、「なんでチャイナドレスじゃねえんだよ」と心の中で悪態をついていたのでした。

こうして、1960年代の青少年たちは、ボンドムービーによって、股間を鷲づかみにされ、女性の足と胸の谷間を見たい願望が満たされ、乳房に対する憧憬へと移行していくのでした。以後、歴代ボンドガールたちが、世界中の青少年を〝青い誘惑〟することになります。特に日本人の青少年にとって、白人女性=ビキニ姿のボンドガールというイメージが定着するほどの歓喜のトラウマになりました。

その王座の奪還は、『青い誘惑』のラウラ・アントネッリの深夜放送まで待たねばなりません。さて話が脱線しました。女性にとってのボンドガールの失われた記憶を補充していきましょう。話を戻して、まずはウルスラ・アンドレスの登場です。

ウルスラ・アンドレス。記念すべき初代ボンドガール。

ボンドガール スタイル1

ハニー・ルック ホワイト・ビキニ
  • ホワイト・ビキニ。正確にはアイボリーコットン
  • 白のブリティッシュアーミーベルト。左にナイフホルダー
  • ペールピンクのボタンダウンシャツを羽織る

貝殻を集めマイアミで売り生計を立てている美女ハニー・ライダー。

実際に運動神経の良いウルスラ。リアル・アマゾネスとも言える元祖筋肉美女です。

少し、クラウディア・カルディナーレに似ています。

永世中立国スイス出身。でもあなたは男性の侵略者でした。

本作からビキニの歴史は始まりました

もっともハニー・ライダーを示す美しいショット。

その性格の良さで多くの名優を虜にしました。

程よい脂肪。健康美溢れる女性=ボンドガールです。

私は百科事典から全てを学んだの。8才の時、Aからはじめて、今はTよ。たぶんあなたより物知りよ。

ハニー・ライダー

物語が62分の時を刻み、はじめて登場する初代ボンドガール。ジャマイカのビーチから現れた女性に、世界は衝撃を受けました。失神したジェームズ・ボンドが目を覚ますと、エメラルド・グリーンの海の中から現れるアマゾネスのような野性味溢れる褐色の金髪美女。これはひとつのロマンです。男性の馬鹿げたロマンを映像に体現した瞬間、ひとつのファッションが生まれたのでした。

原作では、ハニー・ライダーは〝ヴィーナスの誕生〟風に裸で海から登場すると書かれていました。しかし、映画ではその裸体にビキニを着せたのでした。

この作品によりビキニの歴史がはじまりました。以後ビキニは世界的なブームとなります。史上最初のビキニは、1946年にフランスの公共プールでルイ・レアールにより発表されました。しかし、50年代、ビーチやプールでビキニを着ることは、まだまだタブーでした。そして、本作により「ビキニ・レボリューション」のトリガーは引かれたのでした。

スポンサーリンク

ボンドガールの衣装を担当した美女

afba7a3bc430dcfbe7a3be2d015e21c7

テッサ・プレンダーガスト(1928-2001)

テッサ・プレンダーガスト(1928-2001)。彼女はジャマイカ出身の女優として50年代に英国映画で活躍していました。ロンドンのナイトクラブ〝ピガール〟で踊っていたところをスカウトされ、そのキャリアが始まりました。1955年、革命により亡命していたエジプト最後の王ファルークとの情事がスキャンダルになり、映画界からも干されていきました。

1950年代末に、女優を引退し、母国ジャマイカに帰国し、アパレル会社を創設しました。そんな時、プロデューサーとの昔の縁で、本作のウルスラ・アンドレスの衣装を担当することになりました。

このビキニが私に成功を導いてくれました」とウルスラが述懐しているように、このビキニの存在が、007シリーズの定番の流れであるビキニ姿のボンドガールとのラブアフェアーという定石を作り出したのでした。

ボンドガール スタイル2

ハニー・ルック チャイナ服
  • ペールピンクのノースリーブチャイナドレス風のトップス
  • ピンクのチャイナ風スラックス
  • ピンクのフラット・サンダル

なぜかジュースを天に掲げポーズを取るウルスラ。

ブロンドヘアーにチャイナ・テイストは似合わない。

3人のボンドガールに囲まれるショーン・コネリー。

21世紀にこそ、ボンドガール・スタイルは相応しい。

ウルスラ・アンドレスよ。永遠に・・・

彼女は『007 カジノ・ロワイヤル』(1967)にも出演しました。

歴代のボンドガールは、その時代の女性のある一面の理想像を映し出す鏡でした。時には、やりすぎなそのグラマラスな存在感は、ミニマルの時代を経て、個性の時代へと向かいつつある現代ファッションの流れにぴったりと合致しています。

「あなたのお好きなボンドガールは、誰かしら?」「私はウルスラ・アンドレスよ。あなたは?」「私は、ジェーン・シーモアです。」のような会話が、自己紹介の後に成り立つ時代がやってくるのかもしれません。最新情報がリアルタイムで手に入る時代だからこそ、最新情報に振り回されることはバカバカしいと考える人々の時代が始まろうとしています。

自分だけのテイストを見つける時代。過去のファッション・アイコンを参考にマイ・スタイルを創り上げていく創造の時代の到来。

さぁ、女性の中に眠る潜在能力を引き出しましょう。アンチエイジングなどという言葉よりもより的確な言葉。それはエイジレス・マイ・スタイル時代の到来。年齢を意識するよりも、自分の個性を楽しむことを意識してみませんか?ボンドガールは男性のためではなく、女性のためのアイコンなのです。

作品データ

作品名:007/ドクター・ノオ Dr. No (1962)
監督:テレンス・ヤング
衣装:テッサ・プレンダー ガスト
出演者:ショーン・コネリー/ウルスラ・アンドレス/ジョセフ・ワイズマン/ユーニス・ゲイソン

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました