クリスチャン・ディオール

ジョイ  (フランソワ・ドゥマシー)

    香水名:ジョイ Joy By Dior オード・パルファム
    ブランド:クリスチャン・ディオール
    調香師:フランソワ・ドゥマシー
    発表年:2018年
    対象性別:女性
    価格:30ml/8,640円、50ml/12,960円
    公式ホームページ:ディオール











    トップノート:ベルガモット、マンダリン・オレンジ
    ミドルノート:グラース・ローズ、ジャスミン
    ラストノート:サンダルウッド、シダー、ホワイトムスク、パチョリ

    JOY by Dior – ジョイは、光を香りで解釈することで、喜びという特別な感情を表現しています。

    この香水はまるで点描画のような緻密な技巧がふんだんに使われているにも関わらず、それが表立って見えないのです。様々なニュアンスや多彩なファセットが最終的にひとつのはっきりとした香りの表現を生むように構成されています。

    新しい香水を誕生させることは、メゾンにとっても私自身にとっても一大イベントです。男性、女性共に愛され、喜びをもたらす香りにしたいと思いました。

    フランソワ・ドゥマシー

    まずは一言。一体どうしたんだ!フランソワ・ドゥマシー!

    ジャドール」以来、19年ぶりとなるディオールの新作女性フレグランスが、2018年9月にローンチされました。その名も「ジョイ」。「ジョイ」と言えば、ジャン・パトゥの同名の名香が思い浮かびます。果たして、同じ名前をディオールが使用して許されるのでしょうか?

    実は、同じ時期、ディオールの親会社であるLVMHがジャン・パトゥを買収していました(元ニナ・リッチのギョーム・アンリをデザイナーに据えて、ファッション・ブランドとして復活させることが決定した)。

    「ジョイ」とは喜びを意味します。しかし、19年ぶりに生み出された新作には喜びはありません。それは、ただ単にシャネルのアリュールとディオールのジャドールを組み合わせたような平凡な香りでした。そこには、新しい香りを全身に浴び、身震いするような喜びは存在しませんでした。ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーによる調香ですが、19年ぶりの香りとして、どうしてこんな平凡な香りを調香したのでしょうか?

    ただし、キャンペーン・フィルムは素晴らしいです。アメリカ人女優ジェニファー・ローレンスをミューズに、『ハンガー・ゲーム2』以降4作品でジェニファーの作品を監督しているフランシス・ローレンスが監督している映像は、ディオールを体現しているかは別にして、ジェニファーの美しさを体現するPVとして機能しています。しかし、そこには、ディオールのパルファムの歴史の重みは全く存在しません。ローリング・ストーンズの「シーズ・ア・レインボウ」が軽やかに流れています。そして、最後にチープなピンクの物体が。浮き上がってきます。JOYのOの中にDIORと刻印されています。ラブホテルの看板のような書体の組み合わせです。

    それは、2018年のワーストとも言えるほどの、ボトル・デザインの誕生の瞬間でした。特にボトルキャップが、十年以上前に流行したデコネイルをしているギャル達のような下品さに満ち溢れています。ディオールよどうしたのか?



    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。