ジェームズ・ボンド

ダニエル・クレイグ11 『007 カジノ・ロワイヤル』4(2ページ)

    作品名:007 カジノ・ロワイヤル 007 Casino Royale (2006)
    監督:マーティン・キャンベル
    衣装:リンディ・ヘミングス
    出演者:ダニエル・クレイグ/エヴァ・グリーン/カテリーナ・ムリーノ/イワナ・ミルセヴィッチ/ジュディ・デンチ/マッツ・ミケルセン

    リアルライフも取り入れたニューボンド・スタイル

    レネ・マティス役のジャンカルロ・ジャンニーニ。

    このショールカラーのカーディガンは、別のシーンでも登場します。

    ジェームズ・ボンド・スタイル13 ショールカラー・カーディガン
    • ショールカラーのブラックウール・カーディガン、6つボタン、リブ付きのショールカラー、2つのパッチポケット
    • サンスペルのチャコールグレークルーネックTシャツ
    • テッド・ベイカーのグレンチェックのトラウザー
    • ジョン・ロブロムゼイ、ブラックカーフ・チャッカブーツ
    • オメガのシーマスターダイバー 300m Ref.2220.80、ステンレス・ブレスレット

    今までのボンドムービーとは違いニューボンドは、衣服をミックスして、コーディネイトして着ています。それは特にダニエル・クレイグ自身の要望でした。彼自身は、かなりスティーブ・マックイーンを意識している人なのですが、ニューボンドに、マックイーンのカジュアルもラグジュアリーに着こなせるという要素を取り込もうと考えたのでした。

    そして、その試みが、ニューボンドのリアル・スタイルに説得力と、メリハリを生んだのでした。オフがあるからこそオンも輝くのです。

    悩み事にクヨクヨするのなら、取り合えず筋トレやれ!

    エヴァ・グリーンと共に、バハマのビーチにて。パパラッチに囲まれ二人のストレスはピークに達していた。

    撮影終盤のダニエルは精神的に壊れかけていました。

    それにしても、なかなかこのシルエットの競泳トランクスが似合う人はいないでしょう。

    ジェームズ・ボンド・スタイル14 黒の競泳トランクス
    • 両サイドに太い白ストライプの入った黒の競泳トランクス
    • オメガのシーマスターダイバー 300m Ref.2220.80、ステンレス・ブレスレット

    私は知っている。ダニエルがどれだけの重責の中でボンドを演じていたのかを・・・メイクアップ・トレイラーには、ニューボンドについて書かれたバカバカしい雑誌がいつもそこら辺に置いてあったわ。特に、バハマのビーチでの撮影が大変だったの。すごい数のパパラッチに囲まれ、その時のダニエルはとても神経質で半狂乱になりながらもボンドを演じきっていたわ。そんな彼を見ていたからこそ、この作品が大成功したことがとても嬉しいの。

    エヴァ・グリーン

    007シリーズ、三度目のヴェネツィア登場

    ヴェネツィアの水上で、Mへの退職願をメールで送るボンド。

    サンスペルが、ダニエルのために袖を絞りに絞った特注Tシャツ。

    まさに大人の男にしか出せない色気です。

    ジェームズ・ボンド・スタイル14 グレーTシャツ
    • サンスペルのグレーのエジプト綿のクルーネックの半袖〝リビエラ〟Tシャツ、特注でタイトなシルエットに
    • ダークネイビーのトラウザー
    • オメガのシーマスターダイバー 300m Ref.2220.80、ステンレス・ブレスレット
    • ペルソール2720

    ニューボンドを象徴するもうひとつのシーンがこのシーンです。

    ボンドがTシャツ一枚のカジュアル・スタイルで、大人のエレガンスというものを示してくれています。スキニーが若い男の特権であるならば、マスキュラーは大人の男の特権と言わんばかりです。つまりは、スーツを着るにしても、Tシャツを着るにしても、結局は、大人の男にとって、筋肉こそが、最高のファッション・アイテムということなのです。



    ページ:

    1

    2

    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP