究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ブリオーニ】ブリオーニ オードパルファム(ミシェル・アルメラック)

その他
©Brioni
その他ブランドミシェル・アルメラック調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ブリオーニ オードパルファム

原名:Brioni Eau de Parfum
種類:オード・パルファム
ブランド:ブリオーニ
調香師:ミシェル・アルメラック
発表年:2021年
対象性別:男性
価格:100ml/17,600円
公式ホームページ:ブリオーニ

スポンサーリンク

〝栄光のローマ〟スーツを着た古代ローマの英雄の香り

©Brioni

この香りを調香するにあたって私の最初のアイデアは、美しい自然の原材料を使うことにより、深みと洗練をもたらすことでした。それに加えて、少ない成分でシンプルでクリアな香りを追求することでした。

ブリオーニとロベルテにとって、究極のエレガンスは生真面目さにあります。トップにはピンクペッパーが軽快さと爽快さを、ベースにはシダーウッドが男性的で魅力的なファセットを与えています。

ミシェル・アルメラック

ピアース・ブロスナン時代のジェームズ・ボンド(正確にはダニエル・クレイグの「007 カジノ・ロワイヤル」まで)のボンドスーツを仕立てていたイタリアの高級紳士服ブランドのブリオーニは、1945年にマスターテーラーであるナザレノ・フォンティコリ(1906-1981)により、ローマで創立されました。

1952年、世界中で史上初めてのメンズ・ファッションショーを、フィレンツェのピッティ宮殿で開催したことが、イタリア製のスーツが、サヴィル・ロウのスーツに対して遜色がないという評価を生み出す原動力となりました。

そして、ケーリー・グラントやヘンリー・フォンダのような当時のハリウッド・スターから、ケネディ兄弟といったVIPまで世界中のセレブがこぞって、ローマ・バルベリーニ通り79番地にオープンしたブリオーニの第1号店でスーツをオーダーするようになりました。まさに50年代から60年代にかけての〝黄金のローマ時代〟を作ったブランドのひとつだったのです。

そんな〝ローマの栄光を体現する〟ブリオーニが、2021年3月に久しぶりのフレグランスを発表しました。「ブリオーニ オードパルファム」です。(2019年末にライセンス契約をした)ラリック・グループによって、デザイン・ディレクターのノルベルト・スタンフルの指揮の下、〝ブリオーニのビスポークのスーツのように軽くて洗練され香り〟として巨匠ミシェル・アルメラックによって調香されました。

それは非の打ちどころのない装いを生み出すための、秘密のエッセンスとして、最初に何かを生み出す香りではなく、最後に何かを生み出す香りです。

スポンサーリンク

ブリオーニの〝洗練とエレガンス〟を体現するヴァイオレット×シダー

©Brioni

©Brioni

シダーウッドは、ブリオーニの名声とその魅力のようなものです。止められないカリスマ性によって、自分を高めていく木なのです。

このオード・パルファムは、ブリオーニのスタイルにふさわしく、シダーウッドと同様に重要ないくつかの素材を組み合わせて作りました。ピンクペッパーのエッセンスが光を与え、ヴァイオレットが調和と柔らかさをもたらします。そして、パウダリーでアンバリーなトンカビーンが、シダーウッドに溶け込み昇華するのです。

ミシェル・アルメラック

ローマン・シックを体現するブリオーニの久しぶりのフレグランスのテーマは〝洗練とエレガンス〟です。ブリオーニのライトカラーのスーツを着た男性が、悠然と現れるように、爽やかなグリーンアップルにオゾンノートが注ぎ込まれてゆき、温かくも落ち着いたローマの空気で満たされてゆくようにしてこの香りははじまります。

すぐにジンのようなピンクペッパーが軽やかに、身にまとう男性のうちなるオーラを引き出していくように香り立ちます。イタリアの紳士服ブランドのフレグランスという響きが連想させるイタリアン・コロンの要素は一切存在しません。

やがて、パウダリーなヴァイオレットがオゾンノートに溶け込みながら、なめらかなフローラルの側面によって懐の深い男の自信を感じさせてゆきます。そして、シルキーな温もりを感じさせるアンボロキサンが、男性の肌の上にフルーティな花を咲かせるのです。

どこまでもデザイン・ディレクターのノルベルト・スタンフルが定義する「自分をしっかりと認識している男性。影響力のある仕事をしていて、洋服には着た時に制約を感じない、軽くて洗練されたものを求めている」というブリオーニそのものの世界観が展開されてゆきます。

最初から分かりやすく颯爽としている訳ではなく、だんだんとシダーウッドが森の清涼感で全身を満たしながら、滑らかなアーモンドのようなトンカビーンとカシミアのように柔らかいムスクにによって、洗練された空気を身にまとう一人の男が誕生してゆくのです。

ちなみにピンクペッパーは、マダガスカルとレユニオン島の天然のものが使用されており、シダーウッドは、アメリカ・バージニア州で採れたものが使用されています。

ヴァイオレットとシダーが主役であるこの香りは、ディオールの「ファーレンハイト」(1988)の延長線上にあるとも言え、クラシックでありながら、大人のラグジュアリーな雰囲気を漂わせ、80年代と現代が同居する香りです。そして、この香りこそ、現在は香りの変わった「ファーレンハイト」のオリジナルに最も近い香りだと言えます。

重厚なネイビーブルーのイタリア製ガラスを使用したボトルの上部に乗っかかるマグネットキャップにはアイコンであるBロゴがあしらわれています(すべてラリック製)。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ブリオーニ オードパルファム
原名:Brioni Eau de Parfum
種類:オード・パルファム
ブランド:ブリオーニ
調香師:ミシェル・アルメラック
発表年:2021年
対象性別:男性
価格:100ml/17,600円
公式ホームページ:ブリオーニ


トップノート:オゾンノート、グリーンアップル、ピンクペッパー
ミドルノート:ヴァイオレット、アンブロクサン
ラストノート:シダーウッド、ムスク、トンカビーン

タイトルとURLをコピーしました