ジャン=クロード・エレナ

ボア・ファリヌ (ジャン=クロード・エレナ)

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ボア・ファリヌ Bois Farine オード・トワレ
ブランド:ラルチザン
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2003年
対象性別:ユニセックス
価格:日本販売終了


トップノート:フェンネル・シード
ミドルノート:アイリス、アンブレット・シード
ラストノート:ホワイト・シダー、グアヤクウッド、サンダルウッド、ベンゾイン

香水広告フォト&動画

ルカ・トゥリン

★★★☆☆ パンのホログラム

「小麦の森」という奇妙な名を見れば、意表を突く感覚を予想するものだし、期待にたがわず嗅覚の冗談を楽しむことができる。この香水は偶然の発見から生まれたのではないだろうか。香料のヘリオトロピンが、ゲランの「アプレ・ロンデ」にあるようなシダーの香調やかすかなハーブの香りと合わせられると、驚くことに粉っぽい、木の実を練り込んだような焼きたてパンの香りになる。この愉快だが軽量の作品は、創業者のジャン・ラポルトが去り、新しい香水作りのスタイルが始まるまでの、ラルチザンの過渡期の産物といっていい。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

香水についての解説

レユニオン島は、2010年に世界遺産に登録された。

レユニオン島はマダガスカル島から800キロメートル東、モーリシャスから175km西の洋上に位置している。

ラルチザンの香りの旅シリーズ「エキゾチック ボヤージュ(レ・ヴォヤージュ・エグゾティキ)」の記念すべき第一弾。

<森の小麦粉>という奇妙な名の香りは、調香師ジャン=クロード・エレナが、インド洋の風光明媚な火山島・仏領<レユニオン島>の森を訪れた時に、見つけた不思議な白い木に着想を得ました。カラフルな木々が集まる魔法使いが出てきそうな森の中で、エレナが注目した白い木は、レユニオン島だけに生息するルイジア コルダタという芳香樹です。それは絶滅危惧種に指定されており、その赤い花は、小麦粉の香りがしました。

ルイジア・コルダタの赤い花。

「森のパウダー(フランス語では「小麦粉の森」)」をつくったときは、レユニオン島のルイジア・コルダタの小麦粉の匂いのする花々をテーマにした。「フランシーヌ」の小麦粉の箱の匂いを嗅いでつかんだ小麦粉のアコールを、ふたたび取り上げた。森というアイデアは、「緑の森」「臭い森」「黄色の森」など、住民が森の名前で場所に名をつけるこの島への愛情から生まれた。あとは香水のかたちを見つけるだけだった。

ジャン=クロード・エレナ

「ボア・ファリヌ」は、赤い花からインスパイアーされた穏やかな小麦粉の香りがします。「私は島に滞在している間に、何度もその赤い花を香りに戻りました」とエレナが回想するように、このフレグランスの香りも、何度もその香りを確かめたくなるほどにクセになる香りです。

そして、この香りを、第三者が嗅いでしまうと、間違いなくあなたを食べてしまいたくなる危険さと官能性を秘めた「食人香」なのです。ウッディ・パウダリー・グルマンの香りです。

スポンサーリンク

更新カレンダー

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP