ジャン=クロード・エレナ

ビガラード・コンサントレ (ジャン=クロード・エレナ)

    香水名:ビガラード・コンサントレ Bigarade concentree オード・パルファム
    ブランド:フレデリック・マル
    調香師:ジャン=クロード・エレナ
    発表年:2002年
    対象性別:ユニセックス
    価格:50ml/19,440円、100ml/28,080円





    ★★★☆☆ ビターオレンジ

    名前がすべてを表している。ビガラーテはビターオレンジで、正式なイングリッシュ・マーマレードに使われる。このオイルは香水好きには、キャロンの「アルポーナ」のすがすがしい樹脂の香りとしてよく知られていて、シトラスの親しみやすさと樹脂の厳しさの取り合わせが面白い。エレナの構成は画面をじょうずに強調しているが、そのため、私はトップノートにほんのすこしゴムの香りを感じる。とても心地よい香水、意図的にシンプルに作られている。しかしどことなくミステリーに欠ける。― ルカ・トゥリン

    『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

    トップノート:ビター・オレンジ
    ミドルノート:ローズ
    ラストノート:シダー、草、干し草

    「ビガラード」とは「ビターオレンジ」のことです。つまりこのフレグランスの名は、「ビターオレンジ一番搾り」という表現が相応しいでしょう。収穫される寸前の熟したオレンジを連想させる、シトラス・アロマティックの香りはジャン=クロード・エレナによる調香です。

    はじまりは、収穫されたばかりの新鮮なビターオレンジのスパークリング感から、カルダモンという名のクサミを一さじ、やがて、心に落ち着きを与えてくれる程よい苦味へと落ち着いていきます。チョコレートと同じくただ甘いものに人は酔いしれることはできません。これは甘い囁きと同じではないでしょうか?少し苦さがあるものにこそ、真実味と安心感が生まれるのです。甘い囁きには、必ず毒があるのです。



    関連記事

    1. オ・パフメ オーテブラン (ジャック・キャヴァリエ)
    2. ベネチアン・ベルガモット (トム・フォード)
    3. ボワ・デ・ジル (エルネスト・ボー/ジャック・ポルジュ)
    4. シャンハイ・リリー (アントワーヌ・メゾンデュ)
    5. アクア・アレゴリア  ネロリア・ビアンカ (ティエリー・ワッサー…
    6. ホワイト・パチョリ (ピエール・ネグリン/ロドリゴ・フローレス・…
    7. アクアロッサ (フランソワ・ドゥマシー/デルフィン・ルボー/ブノ…
    8. ルフードゥイッセイ (ジャック・キャヴァリエ)

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP