究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

オードリー・ヘプバーンのすべて【1951】前編|映画デビュー

オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーン女を磨くアイコン映画女優
この記事は約3分で読めます。

オードリー・ヘプバーンのすべて【1951】前編(全2ページ)

オードリー・ヘプバーンの実質的な映画出演第一弾(名前がクレジットされたという意味において)は、1951年に撮影された『素晴らしき遺産』でした。この作品は、イギリスにおいて、1951年の興行収入第四位となるヒット作になりました。

オードリー・ヘプバーン出演作一覧

オードリー・ヘプバーン出演作一覧の続き
スポンサーリンク

オードリーの<本格的>映画出演第一弾『素晴らしき遺産』




オードリー・ルック<1951年>1 煙草売りの娘
  • 映画「素晴らしき遺産」
  • 短いブラックドレス、パフスリーブ
  • 白いエプロン
  • ミニーマウスのようなシフォンリボン
  • 黒の網タイツ
  • ブラック・ハイヒール・パンプス

オードリーの役柄は、30分過ぎに登場し、すぐに消えていく煙草売りの娘役でした。衣裳もワンパターンのみでした。

しかし、このメイド・ファッションにも似た煙草売り娘スタイルは、2年後に『ローマの休日』で有名になってからは決して見ることが出来ない〝危険な魅力〟に満ち溢れています。

オードリーを見るために『ソース・ピカンテ』を14回も観たという監督のマリオ・ザンピが、ベアトリス・キャンベルが演じることになる女詐欺師の役柄を彼女に依頼したのですが、当時、オードリーは、『ソース・ピカンテ』の仲間たちと新しい巡業を打とうと計画していたため、オファーを断りました。

しかし、巡業の話が立ち消え、オードリーから「どんな役柄でもいいので出演させてください」と頼み込み、数分の登場シーンしかない煙草売りの娘を演じたのでした。

オードリーの幻の出演作『若気のいたり』



若気のいたり』で、オードリーはホテルの受付係を演じ、三日間撮影に臨みました。しかし、その大部分は検閲に引っかかり編集でカットされました。

そのためクレジットなしで、ほんの一瞬だけの出演になっています。ちなみに作中、電話越しに会話しているスタンリー・ホロウェイとは、13年後の『マイ・フェア・レディ』(1964)で父娘を演じることになりました。

タイトルとURLをコピーしました