特報!2020年2月27日ルイ・ヴィトン新作フレグランス発売!

【モンテカルロへ行こう】無名時代のオードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーン クリスチャン・ディオール ファッション・ブランド 女を磨くアイコン 映画女優
この記事は約2分で読めます。

【モンテカルロへ行こう】

Nous irons à Monte Carlo パリの楽団が、モンテカルロへ演奏旅行する中で、赤ちゃんを巻き込んで繰り広げられる他愛のないラブ・コメディの中で、僅か10分間登場するアメリカのスター女優メリッサ・ファレルを演じるのが、無名時代のオードリー・ヘプバーンです。

オードリーがこの役を引き受けたのは、クリスチャン・ディオールのドレスを着ることができ、そして、モンテカルロでの撮影という実に単純な理由からでした。

永遠のファッション・アイコン・オードリー・ヘプバーンの原点。この作品がファッション・シーンに与えるであろう要素は一つもありませんが、興味深い点は以下の二点です。

  1. クリスチャン・ディオールが生きていた時代のディオールドレスをオードリーが着ている
  2. 『ローマの休日』の原型スタイル

何よりもクリスチャン・ディオールです。

作品データ

作品名:モンテカルロへ行こう Nous irons à Monte Carlo (1951)
監督:ジャン・ボワイエ
衣装:ジャック・コステ
出演者:オードリー・ヘプバーン/フィリップ・ルメール/マルセル・ダリオ/レイ・ヴェンチュラ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました