究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【昼下りの情事】オードリー・ヘプバーンとユベール・ド・ジバンシィ

オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーン ジバンシィ ファッション・ブランド 女を磨くアイコン 映画女優
この記事は約4分で読めます。

【昼下りの情事】

Love in the Afternoon オードリー・ヘプバーンユベール・ド・ジバンシィと本格的にタッグを組んだ『パリの恋人』(1957)に次ぐ第二弾の作品となります。(『麗しのサブリナ』は、二人の出会いの作品であり、ジバンシィが彼女のためにデザインしたのではなく、ジバンシィのデザインしたオートクチュールからオードリーが衣裳を選んだ)。

そして、再びビリー・ワイルダー監督とタッグを組み、相手役にゲーリー・クーパーを配し、磐石の体制でオードリーのメジャー映画第五弾となるロマンティック・コメディ『昼下りの情事』は、1957年に公開されたのでした(撮影は1956年8月から12月にかけて行われた)。「魅惑のワルツ」が主題曲として使用され大流行し、オードリー扮するアリアーヌの「アリアーヌ巻き」が大流行しました。

Gary Cooper – Fascination


チェロを学ぶパリの女学生アリアーヌ(オードリー・ヘプバーン)の父親シャヴァス(モーリス・シュヴァリエ)は私立探偵をしています。アリアーヌの最近の趣味は、父親の事件ファイルを盗み見することでした。特にアメリカの大富豪・フラナガン(ゲーリー・クーパー)の浮気事件のファイルがお気に入りでした。ある日、フラナガンの浮気相手の夫が、今晩彼を射殺すると父親のオフィスで言い残し立ち去る姿を目撃してしまいました。

アリアーヌは早速、フラナガンのいるホテル・リッツに向かいます。そして、二人は出会い、アリアーヌは謎の美少女としてデートを重ねるのでした。本当はまだ男性経験もないアリアーヌなのですが、男性遊びに長けた美少女を演じて、フラナガンの向こうを張るのでした。フラナガンはすっかり彼女に夢中になり、あろうことかシャヴァスに彼女の素行調査を依頼するのでした。

シャヴァスは、その謎の美少女がアリアーヌであることを知り、フラナガンに真実を伝え、パリを離れるように忠告しました。突然、ホテル・リッツを去りアメリカに帰国すると告げるフラナガンの前で、心中穏やかでないにも関わらず、冷静さを装うアリアーヌ。そして、リヨン駅で二人は永遠の別れを誓い合うのでした。発車する列車の前に、本当は悲しくてしょうがないのに、そんな姿を見せまいとする健気なアリアーヌの姿に、フラナガンは彼女を列車に抱えあげるのでした。

Love in the Afternoon (1957) – Gary Cooper – Audrey Hepburn

1957年に公開された『昼下りの情事』は、オードリー・ヘプバーンがユベール・ド・ジバンシィのデザインした衣装を着た三度目の映画作品でした。この作品がファッション・シーンに与えた影響はそれほど多くないのですが、以下の二点を上げることが出来ます。

  1. 世界中に流行したアリアーヌ巻き
  2. 意外に指摘されないが、史上初公開と思われるパンツスーツにクロップドパンツの組み合わせ

この現在でよく見かける女性のパンツスーツ・スタイルのクロップドパンツ・ルックの始祖は、『昼下りの情事』のオードリーであることを指摘しているファッション誌を世界中でまだ私は確認したことがありません。しかし、これは恐らく真実です。

作品データ

作品名:昼下りの情事 Love in the Afternoon (1957)
監督:ビリー・ワイルダー
衣装:ユベール・ド・ジバンシィ
出演者:オードリー・ヘプバーン/ゲイリー・クーパー/モーリス・シュヴァリエ

タイトルとURLをコピーしました