究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ディオール】テ カシミア(フランソワ・ドゥマシー)

クリスチャン・ディオール
©Christian Dior
クリスチャン・ディオール
この記事は約4分で読めます。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

テ カシミア

原名:The Cachemire
種類:オード・パルファム
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2018年
対象性別:ユニセックス
価格:40ml/15,950円、125ml/34,100円、250ml/48,400円
公式ホームページ:DIOR

メゾン クリスチャン ディオール カシミヤ カブキ アンプルニュイ

価格:1,980円
(2023/7/17 09:32時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

ホワイトティーとマテ茶が、心の澱みを洗い流してくれる。

©DIORBEAUTY

これはカシミアのセーターのようにやわらかく贅沢なコンポジションです。ほんのりスモーキーに香るパワフルかつ繊細なホワイトティーが、マテのニュアンスが添えられたローズの香りに染み渡ります。

テ カシミアは、白い花々のように鮮やかに輝き、素肌からきらめくオーラのようなムスクが匂い立つ、心地良さで包み込むフレグランスです。

フランソワ・ドゥマシー

ディオールの「ラ コレクシオン プリヴェ クリスチャン ディオール」は、2004年に「コローニュ ブランシュ」「オー ノワール」「ボア ダルジャン」という3種類の香りからはじまりました。そして、2009年に「アンブル ニュイ」が発売され2017年までコンスタントに新作がリリースされていました。

このコレクションが、2018年に「メゾン クリスチャン ディオール」として一新されました。そして、新作のうちのひとつとして「テ カシミア」が発売されました。英語的に考えると〝The Cachemire〟の意味は〝カシミア〟なのですが、フランス語では〝カシミアのようなお茶〟の意味となります。

それはつまり、カシミアのセーターに包まれながら、温かいお茶を味わう、満ち足りた感覚を香りに翻訳したフレグランスとして、ディオールの初代専属調香師フランソワ・ドゥマシーにより調香されました。

スポンサーリンク

心を温めてくれる〝見えないカシミアセーター〟

©DIORBEAUTY

©DIORBEAUTY

摘み立てのレモンとベルガモットが天空に弾けて舞うようにしてこの香りははじまります。そして、人肌の上に着地するとき、その素肌の上に、スモーキーなマテ茶が注ぎ込まれてゆきます。甘やかに素肌を抱擁するムスクも加わり、神秘的なお茶の香りに満たされてゆきます。

すぐに、スモーキーさが消え入る中、透き通るようなホワイトティーがブレンドされてゆきます。最初から最後までベルガモットとレモンのきらめきが、ヘディオンによってムスクと見事な波長を合わせています。

そんなきらめきの中から、ローズを中心にハニーサックルとマグノリアが、パステルカラーの淡い幻想的な花の香りを立ち上らせてゆくのです。キラキラ輝くシトラスと淡い花々の香りがあなたの素肌のぬくもりに溶け込み、清潔な色気を作り出してくれるようです。

ディオールのカシミアセーターを着て優雅なティータイム。それは、冬の陽光を感じる、カフェの窓際の席で、淡い花々の味付けが施されたマカロンを食べるひと時のようでもあります。冷えた心を温めてくれる〝見えないカシミアセーター〟とも言えます。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:テ カシミア
原名:The Cachemire
種類:オード・パルファム
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2018年
対象性別:ユニセックス
価格:40ml/15,950円、125ml/34,100円、250ml/48,400円
公式ホームページ:DIOR


トップノート:ベルガモット、ビターオレンジ、レモン、プチグレン
ミドルノート:ローズ、ホワイトティー、ハニーサックル、マグノリア、ブラックカラント、ヘディオン
ラストノート:イシEスーパー、マテ、ムスク、スモーク、ニオイイリス

【マラソン期間中 ポイント10倍】 クリスチャン ディオール ● CHRISTIAN DIOR テ カシミア EDP SP 125ml【訳あり★テスター】CHRISTIAN DIOR ユニセックス 香水 フレグランス

価格:27,899円
(2023/7/5 13:10時点)
感想(0件)