オリヴィア・ジャコベッティ

プルミエ フィグエ エクストリーム (オリヴィア・ジャコベッティ)

スポンサーリンク

香水データ

香水名:プルミエ フィグエ エクストリーム Premier Figuier Extreme オード・トワレ
ブランド:ラルチザン
調香師:オリヴィア・ジャコベッティ
発表年:2004年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/16,200円、50ml/21,060円



トップノート:イチジクの葉、ハリエニシダ
ミドルノート:イチジク、サンダルウッド、アーモンドミルク
ラストノート:ココナッツミルク、ドライフルーツ、イタリアカサマツ

ルカ・トゥリン

★★★★☆ グリーン・フローラル

プルミエ フィギエ エクストリームはオリヴィア・ジャコベッティを有名にしたし、それは当然の結果だった。イチジクリーフのノート(ステモン、香水には少ないオキシムのひとつ)は、香水づくりには天然過ぎて、またいい意味で調和しない。個人的にはプルミエ フィギエ エクストリームは、初作よりもイチジクの感じが薄いと思うが、それでも、始めから終わりまでしっかりとした青臭さが漂う。香っているときに気づいたのだが、これがうまい具合に成功する秘訣は、その構成の目新しさにあるのではなく、古典主義の部分にあるのだ。これぞ「マ グリフ」の次世代。大胆さと気さくさのバランスがとれている。ところで、ジェームズ・ボンド・シリーズに出てくるミス・マネーペニーには、娘さんがいらっしゃっただろうか。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

香水についての解説

1994年に、世界初のイチジクの香りがラルチザンより誕生しました。その名を「プルミエ フィグエ」(日本名は「青いイチジク」)と申します。この香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。

そのエクストリーム・ヴァージョンとして発売されたのが本作です。日本名は「究極の青いイチジク」です。

オリジナルよりも、グリーンぽさが減退し、フルーツの甘さが突出しています。

最新の投稿

更新カレンダー

2019年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。