究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【セルジュ ルタンス】ルッス(クリストファー・シェルドレイク)

クリストファー・シェルドレイク
クリストファー・シェルドレイクセルジュ・ルタンスブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

ルッス

原名:Rousse
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2007年
対象性別:ユニセックス
価格:不明

スポンサーリンク

あなたをミイラにする香り

©Serge Lutens

©Serge Lutens

2007年に発売された「ルッス」は、パレ・ロワイヤル本店限定の香りとして発売されています。「ルッス」とは、フランス語で「赤毛、ジンジャー」の意味です。

この香りの主役はシナモンです。シナモンとは、スリランカ原産のクスノキ科の小型常緑樹セイロンニッケイの内樹皮から得られる香辛料であり、世界最古のスパイスとされ、『スパイスの王様』とも呼ばれます。古代エジプトにおいてミイラ作りのための防腐剤としても使用されていました。

現在においては、アップルパイやシナモンロールといった食用に用いられ、日本では京都の名産・八橋に使用されています。

オレンジにシナモンが絡み合い、アイリスとヴァイオレットがパウダリーに全体を包み込んでいくノスタルジックな薄靄のかかったムードで香りが包まれていきます。オリエンタル・スパイシーの香りはクリストファー・シェルドレイクにより調香されました。

食用のシナモンというよりも、あなたをミイラとして防腐するシナモンシャワーに包み込んでくれるこの香りは、古代エジプトの神秘にあなたを包み込んでくれる香りです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「またもやルタンスの混迷期の作品。クローヴとシナモンを入れたホットワインの香りに、アニス(あるいはキャロットシードか)の強い香りが混ざっている。結果、お粗末な作品となっている。」と2つ星(5段階評価)の評価をつけています。

香水データ

香水名:ルッス
原名:Rousse
種類:オード・パルファム
ブランド:セルジュ・ルタンス
調香師:クリストファー・シェルドレイク
発表年:2007年
対象性別:ユニセックス
価格:不明



シングルノート:アンバー、マンダリン・オレンジ、クローブ、天然樹脂、シナモン、アイリス、ヴァイオレット、シダー

タイトルとURLをコピーしました