オリヴィア・ジャコベッティ

サフラン トルブラン (オリヴィア・ジャコベッティ)

スポンサーリンク

香水データ

香水名:サフラン トルブラン Safran Troublant オード・トワレ
ブランド:ラルチザン
調香師:オリヴィア・ジャコベッティ
発表年:2002年(廃盤)
対象性別:ユニセックス
価格:不明



トップノート:サフラン、ナツメグ、ターキッシュローズ
ミドルノート:ジンジャー、砂糖漬けのブルガリアン・ローズ
ラストノート:バーボンバニラ、サンダルウッド

【並行輸入品】 ラルチザンパフューム L’ARTISAN PARFUMEUR サフラントルブラン EDT 100ml [022512]

価格:8,960円
(2019/11/9 15:37時点)
感想(0件)

香水広告フォト&動画

ルカ・トゥリン

★★★★☆ サフラン・バニラ

フランス語が母語かどうかを見分けるには、相手に「Un bon vin blanc アン ボン ヴァン ブラン=よい白ワイン」といわせてみることだ。いずれかの鼻母音でつまづくだろう。サフラン トルブランも鼻母音が多い名前なので、名前をいって買うよりは、指差して買う人が多いだろうと思う。通を気どって「ST」と呼ぶ人もいるかもしれない。この香水は、とても斬新で興味深い発想のもと、ローズ、バニラ、サフランというなじみのないアコードを採用している。おもしろいのはサフランという、それ自体では特にミルキーな香りではないものが、ほかの香調にクリームのような香りの効果をもたらしていることだ。そしてこのフレグランスに、愛撫するような最高級のセーム革のしっとりとした手触りと色合いまでをもたらしている。単純なようだが、実は高尚な芸術作品なのだ。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

香水についての解説

2002年にラルチザンより発売された「情熱のスパイス」三部作のうちのひとつです。

サフラン トルブラン」とは、フランス語で「やっかいなサフラン」という意味です。世界で最も高価なスパイスであり、ギリシャ神話において全知全能の神ゼウスが感覚を研ぎ澄ますためにベッドの下にしのばせたというスパイス・サフランを主役に創り出されたオリエンタル・スパイシーの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。

砂糖漬けにしたブルガリアン・ローズが、サンダルウッドやジンジャー、バニラと絡み合うことにより官能性が高まります。そんな中に投入されたサフランが、ローズに生命力を与え、官能性が、媚薬の領域にまで高まってしまう危険な香りです。

スポンサーリンク

更新カレンダー

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP