究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【エルメス】パルファム ドゥ エルメス(アキコ・カメイ/レイモン・シャイラン)

その他
©Hermès
その他エルメスブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

パルファム ドゥ エルメス

原名:Parfum d’Hermès
種類:オード・トワレ
ブランド:エルメス
調香師:アキコ・カメイ、レイモン・シャイラン
発表年:1984年
対象性別:女性
価格:不明

スポンサーリンク

史上初めて日本人が調香したエルメス

©Hermès

©Hermès

後にディプティックの「オイエド」(2000)を調香することになるアキコ・カメイと、レイモン・シャイランによって1984年に調香された「パルファム ドゥ エルメス」は、2000年以降、「ルージュ エルメス」の名で販売されることになります(もちろん再調香されています)。

芳醇なヒヤシンスと複雑な中にシャープさを秘めたガルバナムからはじまるオリエンタル・フローラル・アンバーの香りは、ドーナッツ型の特徴のあるボトル・デザインと共に隠れた名香の誉れ高い香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:パルファム ドゥ エルメス
原名:Parfum d’Hermès
種類:オード・トワレ
ブランド:エルメス
調香師:アキコ・カメイ、レイモン・シャイラン
発表年:1984年
対象性別:女性
価格:不明


トップノート:アルデヒド、ガルバナム、ヒヤシンス、ベルガモット
ミドルノート:アイリス、イランイラン、ブルガリアン・ローズ、エジプト産ジャスミン
ラストノート:スパイス類、サンダルウッド、アンバー、バニラ、ベチバー、インセンス、シダー、ミルラ

タイトルとURLをコピーしました