その他

ルージュエルメス (アキコ・カメイ)

香水名:ルージュエルメス Rouge Hermes オード・トワレ
ブランド:エルメス
調香師:アキコ・カメイ(亀井明子)
発表年:2000年
対象性別:女性
価格:100ml/20,952円
公式ホームページ:エルメス

2000年。

2001年。


★☆☆☆☆ フローラル・オリエンタル

エルメスの香水は近頃、復活を果たすまで低迷が続いていた。ルージュは胃にもたれそうな、混沌とした香りだ。カルティエの「マスト」の安っぽいチョコレートノートと「シャマード」のパウダリーなドライダウンを薄っぺらにまねた香りを混ぜ合わせたようだ。まるで、お粗末なディナーパーティに参加している客のように、原材料同士の話がかみ合わず、最終的には酔っ払いの喧嘩のようになってしまっている。見苦しいまでの混乱。販売を中止したほうがよいだろう。― ルカ・トゥリン

『「匂いの帝王」が五つ星で評価する世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン/タニア・サンチェス 原書房

トップノート:アイリス、イランイラン、ローズ
ミドルノート:サンダルウッド、アンバー、バニラ、シダー
ラストノート:香辛料、ギンバイカ

日本人調香師が、世界ではじめてラグジュアリー・ブランドのために調香した歴史的な香りです。

後にディプティックの「オイエド」(2000)を調香することになるアキコ・カメイ(亀井明子)と、レイモン・シャイランによって、1984年に「パルファム ドゥ エルメス」として調香されたフレグランスがこの香りの原型です。

そして、2000年にアキコ・カメイによって再調香され「ルージュエルメス」として生まれ変わりました。オリエンタル・フローラル・アンバーな香りです。

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP