ゲラン

【ゲラン】モン ゲラン・シリーズの全て

【ゲラン】モン ゲラン・シリーズの全て

All About Mon Guerlain
公式ホームページ

【並行輸入品】 ゲラン GUERLAIN モンゲランミニチュアコレクション 5mlx4 [133884]

価格:5,500円
(2019/12/2 16:41時点)
感想(0件)




「モン ゲラン」のミューズ=アンジェリーナ・ジョリー。

美貌の調香師デルフィーヌ・ジェルコ。

2017年3月1日に、ゲランの5年ぶりの新作フレグランスとして発売された「モン ゲラン」は、アンジェリーナ・ジョリーをイメージした、〝見えないたタトゥー〟というコンセプトから生み出された香りです。「モン ゲラン」とは、「私だけのゲラン」という意味であり、つける人によって香り立ちが違うというユニークな香りの構造から、その名がつけられました。

4年間の構想期間を経て、ゲランの五代目調香師のティエリー・ワッサーデルフィーヌ・ジェルコによって生み出されたこの香りの主役となる天然香料は、プロヴァンス産のカーラ・ラベンダーと、インド産のジャスミン・サンバック、そして、オーストラリア産のサンダルウッドとタヒチ産のバニラ・ビーンズです。

独特なボトル・デザインは、ジャック・ゲランがバカラ社に依頼し1908年に創作されたクアドリローブボトルです。そのデザインは、錬金術師が用いる瓶をイメージしたものであり、4枚の葉(ローブ)を象ったキャップの形状が特徴的です。

わずか3年間でシリーズ4作品が生まれるということは、1作品を堅実に3年間売り続けるよりも、効果的に売り上げがあがるという計算の下で売り出されているのですが、それだけ派生ヴァージョンが短期間でたくさん生まれると必然的にそのシリーズの価値が落ちるのもまた事実です。今では、「モン ゲラン」には、アンジェリーナ・ジョリーというイメージは遥か彼方に去り、量産型フレグランスというイメージが定着しています。

それはシャネルチャンス・シリーズのリリース・ペースの10倍もの速さであることから必然的なことです。イヴ・サンローランの「モンパリ」シリーズと同じく、どれだけその香りが素晴らしかろうとも、その香りの価値は唯一無二な所にあるわけです。それをフローラルを強くしたり、ローズを強くしたりして、マイナーチェンジしたものを売り出していれば、その香り自体のテーマ性が非常に薄っぺらなものになってしまうのです。

スポンサーリンク

モン ゲラン全4作品

2019年


モン ゲラン ブルーム オブ ローズ

2018年


モン ゲラン オーデトワレ

モン ゲラン フローラル

2017年


モン・ゲラン

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。