その他

ローレン・ハットン1 『アメリカン・ジゴロ』5(2ページ)

    作品名:アメリカン・ジゴロ American Gigolo (1980)
    監督:ポール・シュレイダー
    衣装:ジョルジオ・アルマーニ
    出演者:リチャード・ギア/ローレン・ハットン/ニーナ・ヴァン・パラント



    はじめに神はローレン・ハットンを創造された

    『ヴォーグ』1968年6月号、フォトグラファー:リチャード・アヴェドン。

    彼女の鼻は西を向き、口は北を向く、左目はやぶにらみです。そして、彼女は自分らしい美を作り上げた。障害を改造するのではなく、学習、謙虚さ、集中力によって。

    『ハーパーズ・バザー』1973年

    ファッションの歴史において、重要な役割を果たした20世紀のファッション・モデルを5人挙げよと言われたならば、必ずその名が挙がる人が、ローレン・ハットンです。リチャード・アヴェドンとタッグを組んだ(特にヴォーグ誌における)写真の数々は、21世紀に入り、単なるファッション・フォトの領域を超えた「神の創造物」と言わんばかりに崇拝されています。

    映画出演も少なくないローレンですが、そんな彼女が、最も輝いていたのが、『アメリカン・ジゴロ』のミシェル役です。上院議員の妻として、日々何不自由ない生活をしているのですが、女盛りを持て余す、ファッショナブルな美しき中年女性なのです。ジュリアンとの出会いが、ファッション・ショーが行われていたビバリーヒルズ・ホテルのポロ・ラウンジというのが、彼女の役柄を象徴しています。恐らく、ミシェルは結婚する前は、ファッション・モデルだったのでしょう。

    女盛りの女性が、夫の財力で、ファッションにお金を割けるようになり、次に求めるステップは、そのファッションで男をときめかせ、男の手でその衣服を脱がされたいと願う願望です。それは、純粋に枯れる前に、見事に咲きほこるオンナとしての自分を認めてほしいというごく自然な願望なのです。そんなミシェルの視界に、不自然にラグジュアリー・スーツに身を包む美男子ジュリアンが入ってきたのです。



    大人のオンナの魅力講座その一「若いオトコは基本的に年上に弱い」

    「僕たちは済む世界が違うんだ」「でも、会ってしまったのよ」。完全にミシェル・ペース。

    肩掛けのジャケットも、大人のオンナだからこそ、近寄りがたい美学に満ち溢れています。

    どこか野性味を感じさせる大人のオンナ。

    この写真のリチャード・ギアは全くジゴロっぽくない。それはローレンの魅力にすっかり圧倒されている青年の雰囲気です。

    ミシェル・スタットン・ルック1 スカートスーツ
    • ベージュのスカートスーツ、ジャケットは肩掛け、ノッチラペル
    • 白いブラウス。パフスリーブ。襟がラペルのように上品なVゾーン

    ミシェル・スタットン役には、元々、メリル・ストリープ、ジュリー・クリスティ、ジェシカ・ラングにオファーが出されていました。しかし、ポール・シュレイダー監督は、ローレン・ハットンの起用を希望していました。

    彼女が着る衣装は、コート一着のみがジョルジオ・アルマーニによるものです。それ以外の衣裳はすべてアルド・フェランテ(1928-)がデザインしたものでした。13着の衣裳が、ローレンのために用意され、フェランテが所有するバジーレを通して提供されました。バジーレとは、レーモ・バジーレにより1951年に創業されたメンズテーラーから始まるイタリアのファッション・ブランドです。

    まだミラノ・コレクションが開催される前の1970年に紳士服の生地を利用したレディーススーツを発表し支持を得ます。そして、1971年、拠点をフィレンツェからミラノに移し、1972年よりメンズとレディースのコレクションを発表します。そして、70年代半ばにフェランテに買収されました。

    シューズは全てドナルド・プリナーのライト・バンク・クロージング・カンパニーから提供されたものでした。



    プレイボーイのバニーガールから、彼女のキャリアは始まった。

    20歳の時の、ローレン・ハットン。

    ローレン・ハットンは、1943年11月17日にサウスカロライナ州チャールストンで生まれました。妊娠中に両親は離婚し、ローレンは父親の顔を知りません(父親はすぐに第二次世界大戦に出征した)。少女時代をフロリダ・タンパの湿地帯で暮らし、事業に失敗した義父が牛乳配達人から這いあがる姿を見ながら、極貧の中、粘り強く物事を行う能力を身につけました。この粘り強さが、後にファッション・モデル界に革命を起こすのでした。

    10代のローレンは自分が「のっぽで、内気で、醜い」と考えていました。全ての躍進のきっかけは18歳のときに出会った38歳の男性との恋愛でした。この男性がニューヨークに行き、彼女も追いかけるようにニューヨークに出て来たのでした。そして、20歳の時、オープンしたばかりのプレイボーイ・クラブでバニーガールになりました。この時、本名のナンシーが何人もいたので、彼女は、最も憧れた女性であるローレン・バコールからその名を取り、ローレンの名で働くことになりました。しかし、4か月ほどで、こんなことをしてちゃいけないと考え、辞めて、ニューオーリンズで大学に入ります。

    時は過ぎ、21歳になったローレンは、実家のあるフロリダで休暇を取っていました。そして、ニューヨークから出港しているアフリカ行きの不定期貨物船の記事を読み、母から200ドル借り、ニューヨークへと飛びました。このニューヨーク行きが彼女の運命のみならず、後のファッション・モデル達全ての運命を変えることになったのです。



    80年代の到来を予感させるファッション


    かつてノース・ロデオ・ドライブに2005年まで存在したカフェ「デイジー」。現在は、取り壊され、新たにサン・ローランのレディースとボッテガ・ヴェネタがそこにはあります。

    それにしても、このウエイトレスのボディコンシャスなファッションがとても80年代です。ちなみに本作が撮影されたのは、1979年2月半ばから4月半ばでした。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. ブリジット・バルドー5 『戦士の休息』1(3ページ)
    2. ダニエル・クレイグ1 『007 スペクター』1(2ページ)
    3. 2018年春夏おすすめラグジュアリーバッグPART10<ディオー…
    4. ジェイソン・ステイサム2 『トランスポーター2』(3ページ)
    5. シド・ヴィシャス2 『シド・アンド・ナンシー』2(2ページ)
    6. シド・ヴィシャス1 『シド・アンド・ナンシー』1(2ページ)
    7. ミッシェル・リー/カレン・モク1 『天使の涙』1(2ページ)
    8. ロッサナ・ポデスタ1 『黄金の七人』1(2ページ)

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP