その他

リチャード・ギア1 『アメリカン・ジゴロ』1(2ページ)

    作品名:アメリカン・ジゴロ American Gigolo (1980)
    監督:ポール・シュレイダー
    衣装:ジョルジオ・アルマーニ
    出演者:リチャード・ギア/ローレン・ハットン/ニーナ・ヴァン・パラント


    ジョルジオ・アルマーニの革命

    ローレン・ハットンとリチャード・ギア。

    全てはブロンディの『コール・ミー』によってはじまった。いいや、より正確に言うならば、ジョルジオ・モロダーのシンセサイザーからスタートしたのでした。

    そう1980年代のファッション・シーンはこの瞬間始まったのです。無機質なシンセサイザーの響きと、デボラ・ハリーの「お暇ならいつでも電話してね」という誘いと、マリブを疾走するメルセデス・ベンツ450SLと、ジョルジオ・アルマーニのスーツを着たリチャード・ギア(1949-)から始まったのです。

    「狂騒の80年代」の幕開けです(日本のバブル景気は1986年12月から1991年2月)。映画史上、いいや、ファッション史上、この作品が生み出した革命は、それまでファッションに全く興味のなかった男性達にとって、アルマーニという単語が、女性にとってのシャネルの如き響きとなったところにあります。

    それは『アメリカン・ジゴロ』という映画の中で、お金持ちのご婦人に対して、知性と美貌と夜の技能を生かし、奉仕する仕事に従事しているジュリアン・ケイという青年の描写が与えた影響でもありました。それは、肉体も含めて、女性が男性を見定める時代の開幕宣言であり、今まで男性が女性に対してしていたことが、男性にも適応されることをはっきりと示した作品でした。そう、自分の奥様・彼女に対してセクシーさを求めるように、女性が自分の旦那様・彼氏にセクシーさを求めるようになったのです。


    ジョン・トラボルタがアルマーニを抜擢した!

    ロデオ・ドライブにかつてあったJuschiとカートジェイガーの店舗の前にて。

    ブティックにて。作中では使用されなかったアルマーニのコートが右端にある。

    三面鏡の前でジョルジオ・アルマーニのスーツを仕立てるジュリアン・ケイ。

    シャツの襟はほとんどが、短いことに注目。

    そして、このポケットの位置。左胸下にあるポケット。

    ニーナ・ヴァン・パラントのメンズシャツ姿も魅力的だ。

    アースカラーのスーツと、スカイブルーのシャツの見事なバランス。

    ジュリアン・ケイ・ルック1 オープニング・ルック
    • サンダベージュのシングル・ジャケット、2つボタン、ノーベント、ノッチラペル、フラップポケット
    • グレーのプリーツ入りのトラウザー、ハイウエスト
    • ライトブルーのピンストライプシャツ、フラップポケットの位置に特徴がある
    • 白のピンドットのあずき色ネクタイ
    • タン色の細レザーベルト
    • ダークブラウンのカップトゥ・レザーシューズ

    当初、ジュリアン・ケイ役は、『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977)で大スターになったジョン・トラボルタが演じることで確定していました。そして、彼のマネージャーは、監督のポール・シュレイダーに、ジョルジオ・アルマーニの衣裳を使用することを提案しました。

    1979年当時、アルマーニは、アメリカでは全く無名の存在だったため、3人はミラノに飛び、アルマーニとミーティングをしました。結果的に、トラボルタは降板するも、アルマーニは、本作の衣裳を担当することになり、アルマーニ革命の狼煙は上げられたのでした。

    撮影開始まで、僅か2週間を切ったときに、急遽リチャード・ギアの出演が決定しました。このためトラボルタの188cmのスマートな体型に合わせて作っていたアルマーニの衣裳は、180cmはないと思われるリチャード・ギアのマッチョな体型に合わせて作り直されたのでした。


    男女同権。男性も女性に見定められる時代のはじまり。

    ダブルのジャケットとブルージーンズという斬新なアンサンブル。

    ジュリアン・ケイ・ルック2 ダブル・ジャケット×ブルーデニム
    • サンドベージュのダブルのジャケット、パッチポケット、ノーベント、少しワイドなノッチラペル
    • 白シャツ
    • アルマーニのウェイファーラー風サングラス、鼈甲
    • ブルーデニム
    • キャメル色のレザーシューズ

    有名なトレーニングシーン。



    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. オードリー・ヘプバーン43 『戦争と平和』1(2ページ)
    2. ジェイソン・ステイサム3 『スナッチ』3(2 ページ)
    3. ジバンシィ最初の3年 第1章 1952年(4ページ)
    4. レアンドロ・フィルミノ・ダ・オーラ1 『シティ・オブ・ゴッド』1…
    5. ブラッド・ピット8 『オーシャンズ12』3(2ページ)
    6. ダニエル・クレイグ7 『007 慰めの報酬』2(2ページ)
    7. フレッド・アステア1 『パリの恋人』6(3ページ)
    8. オードリー・ヘプバーン8 『麗しのサブリナ』4

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP