オードリー・ヘプバーン

ジバンシィ最初の3年 第3章 1954年(3ページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジバンシィの歴史

  • 1952年 ユベール・ド・ジバンシィが創立。
ジバンシィの歴史続き



Jackie Kennedy window shopping elegantly dressed in Givenchy 1954

ジバンシィを着てウィンドウショッピングを楽しむジャクリーン・ケネディ。1954年。

ユベールへのオードリーの友情の証として

1954年アカデミー衣装デザイン賞(白黒部門)において、『麗しのサブリナ』が受賞した。しかし、イーディス・ヘッドのみがクレジットされていたので、彼女だけの受賞となった。勿論、ユベール・ド・ジバンシィは、大いに失望したことは言うまでもない。そして、彼と同じくらい失望していたのが、オードリー・ヘプバーンだった。

オードリーは、ユベールに謝罪し、『麗しのサブリナ』の3つのジバンシィの衣装を、ヨーロッパのプレミアでフルに着用し、ジバンシィのPRを行った。そして、ジバンシィが参加したアムステルダムのチャリティ・ファッション・ショーにも、オードリーはスペシャル・ゲストとして参加したのだった。以後、2人は、約40年に渡る友情を育むことになる。

ユベールは、21世紀に入り、「もはや最近のファッションには、心がこもっていない」という発言をしています。そして、デザイナーが短期で、色々なデザインを乱発する風潮に対して、「ゆっくりと愛される服を作っていくべきだ」と苦言を呈しています。1988年LVMH社(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)に、オートクチュール部門を買収され、創作活動に専念したが、「価値観が違いすぎる」と1995年にユベールは引退しました。

1954年、ヨーロッパのみならず、日本、アメリカを含む世界規模でのサブリナ旋風が吹き荒れ、オードリー・ヘプバーン=洗練されたパリジェンヌというイメージが定着しました。ジバンシィのクールシックなファッションと、イーディス・ヘッドのアンドロギュヌス・スタイルのファッションとのバランスの絶妙さが、1954年という一年をファッション史に残る一年にしました。この一年で、世界中の女性は髪の毛をショートカットにし、パンツスタイルに親しむようになり、フラットシューズを愛用し、カジュアルとモードのギャップを自分の中に見出すファッションの喜びを理解したのでした。

アムステルダムの高級デパートでの、チャリティー・ファッション・ショー。オードリー・ヘプバーンが、ジバンシィを着てサプライズ・ゲストとして登場。

1954年11月2日、アムステルダムの高級デパートでの、チャリティー・ファッション・ショー。オードリー・ヘプバーンが、ジバンシィを着てサプライズ・ゲストとして登場。

ルック1:カクテル・ドレス。

ダーク・グリーン・ヴェルベット。ショート・スリーブでキモノスタイル。金と銅のシルクの糸とメタルプレートとクリスタル、スパンコールの刺繍入り。1954/55AW。ブレスレットは、ジバンシィがスワロフスキーに発注したもの。黒のカーフレザーの手袋はジバンシィ。ブラック・サテンの靴はレネ・マンシーニの1953年SS(ジバンシィのコレクションのためのもの)




tumblr_mv3ie7w3y81r41rcao1_1280

ルック2:イブニング・ガウン。

白のフレンチ・レース。パネルスカート。裏地はシルク。1954/55年AW。靴はレネ・マンシーニ。1954/55年AW。

1954 - Givenchy Slim, Short, White-Lace Evening Dress with Billowing Long Overskirt, photo by Stephane Tavoularis, Paris

上記と同じもの。

tumblr_muow4wMbDc1r41rcao1_r1_1280

L'actrice Audrey Hepburn présente une création du couturier Hubert de Givenchy, lors d'un défilé de mode, en novembre 1954, à Amsterdam. Actress Audrey Hepburn shows a Givenchy model, during a fashion show, in November 1954, in Amsterdam.

本当にジバンシィが好きでたまらない雰囲気が伝わってくる、オードリーの笑顔。

ルック3:オレンジ&ホワイト・カクテルドレス。

シルク。サイド・パネル。大きいボウをヒップに。1954/55AW。靴はブラックシルク。レネ・マンシーニ(フォー・ジバンシィ)。1954/55年AW。

1954_Givenchy06

上記と同じもの。ユベールがフィッティングしています。




ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ビザンティンの復活 ドルチェ&ガッバーナ2013-14…
  2. キャサリン・ヘプバーン3 『フィラデルフィア物語』3(2ページ)…
  3. オルガ・キュリレンコ1 『007 慰めの報酬』3(2ページ)
  4. ブリジット・バルドー4 『素直な悪女』3(2ページ)
  5. オードリー・ヘプバーン27 『いつも2人で』3(2ページ)
  6. オードリー・ヘプバーン6 『麗しのサブリナ』2(2ページ)
  7. ブリジット・バルドー1 『軽蔑』(2ページ)
  8. マリリン・モンロー4 『七年目の浮気』2(2ページ)

女性目線の男磨き

PAGE TOP