究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】フレンチ キッス(ティエリー・ワッサー)

ゲラン
ゲラン ティエリー ワッサー ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約3分で読めます。

フレンチ キッス

原名:French Kiss
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2014年
対象性別:女性
価格:75ml/38,830円
公式ホームページ:ゲラン

スポンサーリンク

スーパー ラ プティット ローブ ノワール


「女性の官能性を呼び覚ます」をコンセプトに、2008年に生み出されたゲランのエクスクルーシブ・フレグランス・コレクション「エリクシール シャルネル(=肉感的な秘薬)」から、第六弾にして最後の香りとして2014年に発売されたのが「フレンチ・キス」です。

このコレクションは、時のクリエイティブ・ディレクター、シルヴェーヌ・ ドゥラクルトマチルド・ローランと共にジャン=ポール・ゲランの下で学んだ女性)により生み出されました。


それはゲランの人気リップスティック「キスキス」の20周年を祝い創られたフレグランスです。

大胆で情熱的なフレンチキスを思わせる、ライチとラズベリーのカラフルな甘酸っぱいブレンドからはじまります。チェリーコークを連想させるトップノートの合成香料臭が、この香りが、自然を香りにしたものではなく、人工的に生み出される女性の官能的な瞬間を香りにしたものであることを伝えてくれます。

そして、ミドルノートにおいて現れるローズとバイオレットがリップスティックを連想させ、化粧品全般を連想させるパウダリーなアイリスと歩調を合わせ、バニラとホワイトムスクに絡み合うことにより、ロージィなマカロンが出されたパーティで、パステルカラーのビニールでラッピングされた花束をプレゼントされたような香りとなります。

インスタント・ビューティー時代のための香り。それは大真面目にドールを演じる女性に捧げられた、ゲランが大真面目に不真面目さを追求した「究極のラ プティット ローブ ノワール」なのです。その世界観が最も分かりやすいのは、アクアとクリスティーナ・アギレラの以下の二つのミュージック・ビデオでしょう。

世界は女性の唇を中心に回っているんだ!とたぶんゲランが言いたかった香りでしょう。たぶんですが・・・そして、最後にひとつ世界中の男性諸君に問いかけよう「あなたは今までどれだけの口紅を食べてきましたか?」と。

フレデリック・マルの「リップスティック ローズ」の影響を多大に受けているこの香りは、ゲランの五代目調香師ティエリー・ワッサーにより調香されました。

Aqua – Barbie Girl
Christina Aguilera – Candyman (Official Music Video)
スポンサーリンク

香水データ

香水名:フレンチ キッス
原名:French Kiss
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:ティエリー・ワッサー
発表年:2014年
対象性別:女性
価格:75ml/38,830円
公式ホームページ:ゲラン


トップノート:ライチ、ラズベリー
ミドルノート:バイオレット、ローズ
ラストノート:ホワイト・ムスク、バニラ、アイリス、ヘリオトロープ

タイトルとURLをコピーしました