その他

ミルラ & トンカ・コロン・インテンス (マティルデ・ビジャウイ)

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ミルラ & トンカ・コロン・インテンス Myrrh & Tonka Cologne Intense コロン・インテンス
ブランド:ジョー・マローン・ロンドン
調香師:マティルデ・ビジャウイ
発表年:2016年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/15,950円、100ml/23,650円
公式ホームページ:ジョー・マローン・ロンドン


トップノート:フレンチ・ラベンダー
ミドルノート:オムンビリミルラ
ラストノート:バニラ、トンカビーン、アーモンド

ジョーマローン ミルラ&トンカJo MALONE

価格:5,060円
(2019/10/22 11:47時点)
感想(0件)

香水広告フォト&動画

ナミビアのセリーヌ・ルー。8時間かけて砂漠に到着し、乾燥したミルラの木を手に取る。


香水についての解説

調香するにあたり、男性と女性に対して共にアピールする中毒性と肉欲の雰囲気を存在させることに注意を払いました。トップから、颯爽と心地よさの中に、肉感的な魔性を秘めたラベンダーとフローラル・ノートが現れます。やがて、主役のミルラが、トンカビーンにエスコートされながら官能的に現れ、魅惑の香りに身も心も包まれていくのです。

マティルデ・ビジャウイ

「希少な香りから創られるコロン・インテンスに待望の新しい香りが登場。砂と煙が織り重なる薄明かりの中に広がる遊牧民の歌。 古くから手摘みされてきた、豊かで力強いナミビアのミルラの樹液。 ぬくもりのあるアーモンドと濃厚な甘いバニラに 魅惑的なトンカ豆が絡み合う香りのギフト。 高貴で、官能的、心を酔わせるような香りです。」(公式サイト)

「ナミビアといえば、砂丘と砂漠の、あたたかな色彩が広がる場所、はるか遠くの見知らぬ国への憧憬が湧きあがります。ミルラとトンカビーンは、退廃的で魅力的、希少性もあり、華やか。新しいコロン・インテンスのコンセプトにぴったりだと思いました。」ジョー・マローン・フレグランス・ディレクター・セリーヌ・ルー

この香りは、シナモンの効用を応用しハーバルな側面が強調されたラベンダーからはじまります。やがて、シプリオルを効果的に使用した、ミルラとトンカビーンの抑制された甘さが、抑えきれない欲望を押さえつけるような官能性を感じさせます。そして、最後にコクのあるバニラとガイアックウッドの洗練されたウッディさで「さぁ、あなたの抑制された扉を開きなさい」と囁いてくれます。

このとてつもなく幻想的かつ官能的(しかも中毒性あり)なアラビアンナイトのようなこの香りは、女性調香師マティルデ・ビジャウイの調香によるものです。

それは、ジョー・マローンにおけるはじめてのオリエンタルの香りであり、マティルデ・ビシャウイにとってもはじめて調香するジョー・マローンの香りでした。

JOMALONE(ジョーマローン)ミルラ&トンカコロンインテンス50ml【メール便は使えません】

価格:12,980円
(2019/10/29 11:52時点)
感想(2件)

スポンサーリンク

最新の投稿

更新カレンダー

2019年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。