究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『スカーフェイス』Vol.6|アル・パチーノのトニー・モンタナ伝説

アル・パチーノ
アル・パチーノ女性目線の男磨き
この記事は約5分で読めます。

トニー・モンタナ帝国の崩壊

トニー・モンタナが成り上がり、豪邸に住み、高級ファッションを身に纏うようになったのは、まるで自分自身の葬儀の準備をしているかのような感覚に近かった。

「人間は確実に死に向かい進んでいく存在」であり、トニー・モンタナが永遠のギャングスタ・アイコンになったのは、そんな〝滅びの美学〟が、ダークトーンのファッションと共に見事に描かれていたからなのでした。

トニー・モンタナのブラック・タキシード・スタイル。

スポンサーリンク

トニー・モンタナ・ルック13

ブラック・タキシード
  • ブラック・タキシード
  • ダイアゴナル・ストライプの白のドレスシャツ、ウイングカラー
  • ブラック・ボウタイ
  • オメガラ・マジーク

そして、エルヴィラを失ってしまうトニー。

コカインでのし上がった男が、コカインで滅んでいく姿。

スポンサーリンク

トニー・モンタナ・ルック14

ニューヨーカー・スタイル
  • ネイビーのオーバーコート、シングル、ノッチラペル
  • チョークストライプのダークネイビー・ウールスーツ、3ピース
  • ホワイトドレスシャツ
  • レッド・シルクタイ、黄金の菱形の柄入り

ニューヨークのトニー・モンタナ。

加速度的に負の連鎖に飲み込まれていきます。

スポンサーリンク

そして誰もいなくなった・・・

M203グレネードランチャー付きのM16A1。映画初登場です。マズルフラッシュがちゃんと映るようにカメラがカスタムされました。

後に同じ仕様の銃を『プレデター』でシュワルツェネッガーが使用しました。

『スカーフェイス』が、〝永遠の男たちのバイブル〟である理由は、悪趣味なまでに金ぴかな宮殿のような邸宅で、高価なスーツ姿で、戦争で使用するレベルの銃器で、大銃撃戦を行い果てるところにありました。

そこには、実に見苦しくも、コカインを吸引し、空元気を出し、唾を飛ばしながら、吼える男がいます。しかし、この作品の面白いポイントは、決して自殺などを考えずに、孤立無援になっても、蜂の巣にされても「もっと撃ってこい!こんな腑抜けた弾で俺が死ぬとでも思うのか!」と吼えて戦うあり得ない設定にあるのです。

それはアル・パチーノだからこそ生み出すことが出来た説得力なのです。そして、トニー・モンタナは戦い続けながら死に、伝説となったのです。

スポンサーリンク

トニー・モンタナ・ルック15

チョークストライプ・スーツ
  • チョークストライプのダークネイビー・ウールスーツ、3ピース、シングル、2ボタン、ピークラペル、サイドベンツ
  • カーチーフ、白のシルク
  • ホワトドレスシャツ
  • タン色のレザーベルト、金のバックル
  • キューバン・ブーツ〟ブラックレザー・スリッポン・アンクルブーツ
  • オメガのラ・マジーク

「Say Hello to my little friend!(これがご挨拶だ!)」

スタジオに遊びに来たスピルバーグが1シーンのみ演出した。

アル・パチーノの魅力=静の迫力。

長い間、これらのコカインは本物であり、パチーノはカメラの前で本物を吸っていたと噂されていた。

男は死ぬまで吼えて戦うんだ!

作品データ

作品名:スカーフェイス Scarface (1983)
監督:ブライアン・デ・パルマ
衣装:パトリシア・ノリス
出演者:アル・パチーノ/ミシェル・ファイファー/スティーヴン・バウアー/ポール・シェナー

タイトルとURLをコピーしました