究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『スカーフェイス』Vol.4|アル・パチーノとダブルのスーツ

アル・パチーノ
アル・パチーノ女性目線の男磨き
この記事は約6分で読めます。

シルク・シャツの誘惑

トニー・モンタナ・スタイルの肝は、優雅なシルクシャツにあります。日本においても一定レベル以上のシルクシャツは、5万円から10万円台の金額になります。その上、扱いにおいて、最上級の難易度を要します。

軽やかで優雅なシルエットと色見が出せる分だけ、変色とにおいに対するケア、洗濯不可、しみがつきやすく、虫に食われやすいという快適さと不便さが同居したファッションの本質を体現するようなシルクという素材を身につけることは、まさに〝王の特権〟なのです。

トニー・モンタナのそのチンピラな振る舞いの中に、有無を言わせぬ威厳が漂うのは、シルクが生み出す優雅なシルエットゆえなのです。

シルクにしか出せない優雅なシャツのシルエット。

普通のコットンの赤シャツだと野暮ったさが出ます。

スポンサーリンク

エイブラハム。裏切り者が似合う男

ここで消されることになる先輩のオマー。扮するのは、F・マーリー・エイブラハム。

この作品において、トニー・モンタナに対する嫌味たっぷりな対応によって、独特の存在感を見せつけてくれるオマーを演じたF・マーリー・エイブラハム(1939-)は、この時、アカデミー主演男優賞を獲得することになる『アマデウス』(1984)に同時出演していました。そのため撮影中にハリウッドからプラハへ4往復していました。

それにしても、黒のシルクシャツと、トニーの赤のシルクシャツのコントラストが素晴らしい。

スポンサーリンク

トニー・モンタナ・ルック8

ホワイトスーツ
  • ライトクリームのダブルスーツ、ピンストライプ、ピーク・ラペル、ノーベント
  • レッド・シルクシャツ、スプレッド・カラー
  • 同色のカーチーフ、白のポルカドット入り
  • コードバン・ベルト
  • オメガラ・マジーク
  • コードバン・レザーのプレーン・トゥ・レースアップブーツ
  • レッドシルクソックス
  • 2つのイエローゴールド・ネックレス

アル・パチーノを、上から撮影すると、決してカッコよくありません。

座っても、その背の低さが映えるだけです。

しかし、その一挙手一投足を見れば、長身でハンサムなモデルを凌駕する存在感に満ち溢れています。

全てを手に入れたければ、動き続けなければならない

白地にピンストライプスーツのイカツサ。

スポンサーリンク

アレハンドロ・ソーサ

ベージュのウインドブレイカー。アームに白のパイピング。

コロンビアの麻薬王ソーサを演じたポール・シェナー。

本作の後、1989年にエイズで死去します。

コロンビアの麻薬王ソーサのファッションは、控えめなベージュのウインドブレイカーとリネンシャツと白のスラックス。あくまでも主張しすぎないファッションの中に、ワンポイントとしてホワイト・ラインを入れていくところに大物のゆとりと風格があります。

真のリッチ・スタイルとは、単に〝汚れの目立つ〟色を選びコーディネイトするところにあります。つまり、リッチにみせたければ、黄金や宝石や派手なブランドの服を着るよりも、白とベージュとブラウンでファッションを組み立てていくほうが効果的なのです。ソーサのこのファッションはその典型です。

スポンサーリンク

21世紀の男たちに今最も必要なもの。

トニー・モンタナ・スタイル=胸毛全開のシャツはだけスタイル。

ボス・フランクのスカイブルーのスーツが美しい。

21世紀を生きる男たちに欠けているように見えるもの。それはスケール感なのではないでしょうか?全てがインターネットで購入出来、インターネットでお金を稼ぎ、インターネットで情報を収集している男性と、自分の足ですべてを知る男性の差は歴然です。

女性にとって、絶対に惚れてしまう男性とは規格外の男性です。それは、我が道を貫き、泥水をすすりながらも、絶えず前進する意思を見せ、自分の目指す山の頂を目指し邁進する男の姿です。

確約されたものになぞ興味のない男性に、女性はとてつもない母性本能を感じるものなのです。トニー・モンタナと80年代~90年代のアル・パチーノ(40~50代の役者としての新境地を創造した)にはその爆発的な規格外の存在感がありました。

スポンサーリンク

トニー・モンタナ・ルック9

グレー・ダブルスーツ
  • グレーのシルクのダブルスーツ、ピークドラペル
  • ホワイト・オン・ホワイト・ストライプ・シルク・シャツ、スプレッド・カラー、テッド・ラピドスのようなポインテッド・タブ・カフス
  • 白のサテンのカーチーフ(後に黒シャツに黒のカーチーフ)
  • タン色のパテント・レザーのキャップ・トゥ・オックスフォード

決めポーズを作るトニー・モンタナ。

きっちりとボタンを留めたときのダブルのスーツのシルエット。

作品データ

作品名:スカーフェイス Scarface (1983)
監督:ブライアン・デ・パルマ
衣装:パトリシア・ノリス
出演者:アル・パチーノ/ミシェル・ファイファー/スティーヴン・バウアー/ポール・シェナー

タイトルとURLをコピーしました