究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2016-08

吉永小百合

『細雪』1|岸恵子・佐久間良子・吉永小百合の着物

3ページの記事です。 作品データ 作品名:細雪 (1983) 監督:市川崑 衣装:村上育子/原田桂子 出演者:岸恵子/佐久間良子/吉永小百合/古手川祐子/石坂浩二 ファッションと言葉に支配されない登場人物たち あん...
その他

【ヴァン クリーフ&アーペル】ミュールミュール(ジャック・キャヴァリエ)

ミュールミュールとは、フランス語で〝ささやき〟を意味します。ジャスミン・サンバックを主体にしたフレッシュ・フローラル系の香りはアルベルト・モリヤスとジャック・キャヴァリエという今では考えられないタッグによる調香です。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】オピウム プールオム(ジャック・キャヴァリエ)

1977年に発売された「オピウム」は、東洋の神秘を身に纏うというコンセプトと、その漆塗りのボトルに黒のタッセルのついたデザインによって大ヒットしました。そのオピウムの男性版として、1995年にジャック・キャヴァリエの調香により発売されました。
スポンサーリンク
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】ニュ(ジャック・キャヴァリエ)

2001年当時リヴ・ゴーシュのデザイナーだったトム・フォードが最初にローンチした女性用フレグランスです。NuとはNuditeを略した「裸」という意味です。世界第2位のスイスの香料メーカー・フィルメニッヒのジャック・キャヴァリエにより調香されました。
アルベルト・モリヤス

【イヴ サンローラン】M7 エムセット(アルベルト・モリヤス/ジャック・キャヴァリエ)

名前は、「7番目のメンズフレグランス」という意味です。世界第2位のスイスの香料メーカー・フィルメニッヒが供給元であり、今では考えられない神コラボアルベルト・モリヤスとジャック・キャヴァリエにより調香されました。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】リヴゴーシュ プールオム(ジャック・キャヴァリエ)

1971年に発売されたイヴ・サンローランの2つ目の香水「リヴ ゴーシュ(セーヌ川の左岸)」のメンズヴァージョンとして、ジャック・キャヴァリエの調香により2003年に発売されたのが「リヴゴーシュ プールオム」です。
オリヴィエ・クレスプ

【ランコム】マニフィーク(ジャック・キャヴァリエ/オリヴィエ・クレスプ)

香水データ 香水名:マニフィーク Magnifique オード・パルファム ブランド:ランコム 調香師:ジャック・キャヴァリエ、オリヴィエ・クレスプ 発表年:2008年(現在廃盤) 対象性別:女性 価格:50ml /9,450円...
香りの美学

『香水』それは目に見えないファッション

グッバイ・イエロー・ブリック・ロード 彼女のあなたに対する想いは、手紙よりも、振りかけた香水に込められている。 ― クリスチャン・ディオール どこに香水をつけるべき?それは、キスをされたいところにつけるの。 ― ココ・シャネル ...
シルヴァーナ・マンガーノ

『ベニスに死す』4|元祖美魔女シルヴァーナ・マンガーノ

4ページの記事です。 作品データ 作品名:ベニスに死す Death in Venice (1971) 監督:ルキノ・ヴィスコンティ 衣装:ピエロ・トージ 出演者:ダーク・ボガード/ビョルン・アンドレセン/シルヴァーナ・マンガーノ/...
その他

『ベニスに死す』3|ビョルン・アンドレセンとルキノ・ヴィスコンティ

2ページの記事です。 作品データ 作品名:ベニスに死す Death in Venice (1971) 監督:ルキノ・ヴィスコンティ 衣装:ピエロ・トージ 出演者:ダーク・ボガード/ビョルン・アンドレセン/シルヴァーナ・マンガーノ/...
その他

『ベニスに死す』2|ビョルン・アンドレセンとセーラー服

2ページの記事です。 作品データ 作品名:ベニスに死す Death in Venice (1971) 監督:ルキノ・ヴィスコンティ 衣装:ピエロ・トージ 出演者:ダーク・ボガード/ビョルン・アンドレセン/シルヴァーナ・マンガーノ/...
その他

『ベニスに死す』1|ビョルン・アンドレセンとアンドロギュヌス

2ページの記事です。 作品データ 作品名:ベニスに死す Death in Venice (1971) 監督:ルキノ・ヴィスコンティ 衣装:ピエロ・トージ 出演者:ダーク・ボガード/ビョルン・アンドレセン/シルヴァーナ・マンガーノ/...
オードリー・ヘプバーン

ジバンシィ最初の3年・第3章1954年 – ファッションの歴史

3ページの記事です。 ジバンシィの歴史 1952年 ユベール・ド・ジバンシィが創立。 1954年 『麗しのサブリナ』の衣装に一部協力。以後オードリー・ヘプバーンのために『パリの恋人』(1957年)『ティファニーで朝食を』(...
オードリー・ヘプバーン

ジバンシィ最初の3年・第2章1953年 – ファッションの歴史

3ページの記事です。 ジバンシィの歴史 1952年 ユベール・ド・ジバンシィが創立。 1954年 『麗しのサブリナ』の衣装に一部協力。以後オードリー・ヘプバーンのために『パリの恋人』(1957年)『ティファニーで朝食を』(...
未分類

『麗しのサブリナ』Vol.6|オードリー・ヘプバーンとサブリナパンツ

『麗しのサブリナ』の中で忘れてはならないのが、サブリナパンツです。それは、ユベール・ド・ジバンシィではなく、イーディス・ヘッドによってデザインされました。サブリナパンツは、闘牛士の履くトレアドルパンツからインスパイアされましたパンツです。
オードリー・ヘプバーン

ジバンシィ最初の3年・第1章1952年 – ファッションの歴史

4ページの記事です。 ジバンシィの歴史 1952年 ユベール・ド・ジバンシィが創立。 1954年 『麗しのサブリナ』の衣装に一部協力。以後オードリー・ヘプバーンのために『パリの恋人』(1957年)『ティファニーで朝食を』(...
アンドロギュヌス

『麗しのサブリナ』Vol.5|オードリー・ヘプバーンとリトルブラックドレス

1953年7月に、パリのジバンシィのブティックにて、ユベール・ド・ジバンシィの目の前で衣装を選ぶオードリーの目に、1926年にココ・シャネルが発表したリトルブラックドレスにインスパイアされたデザインが飛び込んできました。
オードリー・ヘプバーン

『麗しのサブリナ』Vol.4|オードリー・ヘプバーンとサブリナドレス

1953年7月の終わりに、4回目のコレクションの準備中であり、多忙を極めていたユベール・ド・ジバンシィをはじめて訪れたオードリー・ヘプバーンは、彼女自身で、ジバンシィのブティックに吊るされている前回コレクションの残りの服から衣裳を選ぶことになりました。
アンドロギュヌス

『麗しのサブリナ』Vol.3|オードリー・ヘプバーンの美少女ルック

21世紀においてこの作品の中で急上昇しているのが、ジバンシィの服が登場する前の「パリ前夜スタイル」と言われるこのジャンパースカート・ルックです。それは美少女が持て囃される日本においては、特にタイムレスかつ実用的な魅力に満ち溢れています。
アンドロギュヌス

『麗しのサブリナ』Vol.2|オードリー・ヘプバーンとジバンシィとフェラガモ

ファッションの仕事に関わるものにとって、オードリー・ヘプバーンとユベール・ド・ジバンシィのはじめての出会いのエピソードは非常に興味深いものがあります。事の始まりは、ビリー・ワイルダーが、本作の衣装デザイナーである、イーディス・ヘッドに言った一言から始まりました。
タイトルとURLをコピーしました