フランシス・クルジャン

アクア・セレスティア (フランシス・クルジャン)

    香水名:アクア・セレスティア Aqua Celestia オード・トワレ
    ブランド:メゾン・フランシス・クルジャン
    調香師:フランシス・クルジャン
    発表年:2017年2月15日
    対象性別:ユニセックス
    価格:70ml/22,140円、200ml/37,260円
    公式ホームページ:カフェ・デ・パルファム






    トップノート:ライム、ブラックカラント、ネロリ、クールミント
    ミドルノート:プロヴァンス産ミモザ、グリーン・ノーツ、ローズ
    ラストノート:ホワイト・ムスク

    メゾンを代表するフレグランス「アクア・ユニヴェルサリス」シリーズの最新作。アクア・セレスティア=「天空の水、もしくは神聖な水」。ムスキーフローラルシトラス。「ムスクはアクアシリーズの共通項。デリケートで心地よく、まるで月にかかる靄のよう。そして南仏の手摘みのミモザはパウダリーで軽やか。ライムは弾けるような躍動感、クールミントはひんやりとした清涼感を強調し、パワフルなブラックカラントはフルーティーな香りをうまく引き出す」フランシス・クルジャン。

    そもそも水というもの程、私たちに色々な気持ちを運んでくる物質はありません。晴天の中で手にとる水は喜びである一方で、レザー・アイテムを身に着けているときに遭遇する水=雨は怒りである。さらに、一瞬にして遊泳中に水が恐怖に変わる瞬間もあれば、水が天国に変わるようなエメラルドブルーの環境も生み出し、男性にとって水に接する女性を眺めることは喜びであり、女性にとって水に触れる瞬間は自分のファッションセンスを度外視した美意識が試される瞬間でもあります。またフランス料理のフルコースにおいての水は、最高級品に近い扱いを受け、和食においての水は、最下層の扱いを受けます。

    考えるに水ほど、私たちにとって親密な友であり、嫌悪すべき代物はございません。だからこそ、クルジャンは水にこだわるのです。清涼感MAXのトップノートから始まる神聖なる水の伝説。この香りを手にして、色々な水とお付き合いしたくなる香りです。



    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    女性目線の男磨き

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。