究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【メゾン フランシス クルジャン】アクア ユニヴェルサリス シリーズの全て

フランシス・クルジャン
フランシス・クルジャン ブランド メゾン・フランシス・クルジャン 調香師 香りの美学
この記事は約2分で読めます。

アクア ユニヴェルサリス シリーズ

All About Aqua Universalis Trilogy 2009年にフランシス・クルジャンが、メゾン・フランシス・クルジャンを創立した時に発表した一つのフレグランスがあります。その名を「アクア ユニヴェルサリス」と申します。

名前にアクアが冠されていますが、90年代に流行したアクア系の香りではありません。その名の真の意味は「日常生活の中で最も必要な香りの水」なのです。

それは、クルジャンが「素肌と洗いたてのシャツの間にある清潔感」をテーマに創造した香りです。そのアイデアは、17世紀に作られた伝統的なオーデコロンを、現代風なオーデコロンとして蘇らせたいというクルジャンの想いから生まれました。

そして、このフレグランスは発売と同時に爆発的なヒットとなり、10年後の現在においては、21世紀を代表する名香の一つとまでいわれる香りとなりました。

スポンサーリンク

日常生活の中で最も必要な香りの水


これからのフレグランスの形。それは、成人した男女が、ナイトクラブやパーティでつける香りを創造するよりも、お堅いビジネスや、休日から葬式までつけることの出来る香りを創造するべきであるという商業主義の極めつけを行く事。

フランシス・クルジャンという存在の恐ろしさ。それは、香りから芸術性を排除して、合理的な心地良い香りを創造することだけを考えているところにあります。

それは、温泉は芸術ではないが、人々にとって最高の安らぎの瞬間であることと同じなのです。「アクア ユニヴェルサリス」シリーズとは、人類にとって最も好ましい香りを創ることだけを突き詰めた香りのシリーズなのです。

2019年4月現在までに、「アクア ユニヴェルサリス」トリロジーが発表されており、それぞれに存在する「フォルテ」を含め、全6種類共に高評価を受けています。

アクア ユニヴェルサリス シリーズ全6作品


アクア ユニヴェルサリス(2009)

アクア ユニヴェルサリス・フォルテ(2011)

アクア ヴィタエ(2013)

アクア ヴィタエ フォルテ(2015)

アクア セレスティア(2017)

アクア セレスティア フォルテ(2018)

タイトルとURLをコピーしました