究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【メゾン フランシス クルジャン】ルミエール ノワール プールオム(フランシス・クルジャン)

フランシス・クルジャン
©Maison Francis Kurkdjian
フランシス・クルジャンブランドメゾン・フランシス・クルジャン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ルミエール ノワール プールオム

原名:Lumiere Noire Pour Homme
種類:オード・トワレ
ブランド:メゾン・フランシス・クルジャン
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2009年(日本発売は2012年9月)
対象性別:男性
価格:70ml/21,168円

【ミニサイズ】 メゾンフランシスクルジャン Maison Francis Kurkdjian ルミエールノワールオム EDT 2ml [062600]

価格:1,200円
(2020/12/17 23:00時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

ひそかに薔薇を愛する男たちの挽香


ルミエール ノワール プールファム」とのペア・フレグランスとして、メゾン・フランシス・クルジャンが創業した2009年に発売されました。もちろんフランシス・クルジャンによる調香です。

ルミエール(光)とノワール(闇)という対極の二つの言葉をイメージして生み出された、衝撃と視覚の魔法のフレグランスです。それはローズに対して、まったく異質の香りであるパチョリとのブレンドによって生み出されたアンバランスなバランスのシプレの香りです。

通常、男性には使用しないブルガリアン・ローズを使用した香りです(ただし、中東においては、昔からメンズ香水にローズは使用されていた)。

「ローズ・ノワール」とでも呼ぶべき、女性らしい明るさを伴わず、かと言って中東のメンズ・ローズ香水のような濃厚なものでもない、全く新しい自然界には存在しない「ブラック・ローズ」の香りです。

パチョリとヨモギからスパイシーなオープニングを見せるこの香りは、すぐにブルガリアンローズと交わり、秘められた男の官能性を醸し出す香り(「男にとってのタブー」に恋する瞬間)へと転化していきます。

この香りの魅力を示す、ウォルター・ペイターの名文をここに引用しよう。

「すべて芸術は絶えず音楽の状態に憧れる。」

「こうした硬い、宝石のような焔で絶えず燃えていること、この恍惚状態を維持すること、これこそが人生における成功ということにほかならない。」

フランシス・クルジャンのメゾンから生み出されるフレグランスは間違いなくこのレベルの創造性を意識しています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ルミエール ノワール プールオム
原名:Lumiere Noire Pour Homme
種類:オード・トワレ
ブランド:メゾン・フランシス・クルジャン
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2009年(日本発売は2012年9月)
対象性別:男性
価格:70ml/21,168円


シングルノート:パチョリ、ヨモギ、ブルガリアンローズ、キャラウェイ、セイロン産シナモン

Maison Francis Kurkdjian メゾン フランシス クルジャン ルミエール ノワールオム オードトワレ Lumiere Noire homme Eau de toilette 70ml

価格:32,995円
(2022/6/8 11:39時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました