究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【メゾン フランシス クルジャン】APOM プールファム(フランシス・クルジャン)

フランシス・クルジャン
©Maison Francis Kurkdjian
フランシス・クルジャンブランドメゾン・フランシス・クルジャン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

APOM プールファム

原名:APOM Pour Femme
種類:オード・パルファム
ブランド:メゾン・フランシス・クルジャン
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2009年(日本発売は2012年9月)
対象性別:女性
価格:70ml/27,060円

メゾンフランシスクルジャン Maison Francis Kurkdjian APOMプールファム EDP リフィル 11mlx3 [602010]

価格:9,980円
(2022/6/8 13:15時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

フレグランスが嫌いな女性のための香り


メゾン・フランシス・クルジャンから「APOM プールオム」とのペア・フレグランスとして、2009年にフランシス・クルジャンにより調香されました。

APOMの意味は「A Part Of Me」(私の一部)です。シロッコの風(初夏にサハラ砂漠から地中海を越えてイタリアに吹く暑い南風)にインスパイアされたパウダリー・ウッディ・フローラルの香りです(レバノンへのクルド人の旅からもインスパイアされている)。

甘くも爽やかなオレンジ・ブロッサムからはじまり、やがてイラン・イランの優しい風と共に香り全体は肌に溶け込むような温かみに包み込まれます。その香りの肌の内側には、(従来のドライなものではない)滑らかでパウダリーなシダーウッドが存在します。

人間の体臭に合う調香を行うという珍しいコンセプトで生み出された香りです。それはまるで温泉に入るように、香りを身にまとうというコンセプトです。温泉は最初、きつい硫黄の匂いと熱いお湯に違和感を感じるところからはじまるのですが、すぐに全てが身体と一体化していくものです。

香水の使用が憚られるシーンにおいても、ふんわりと流れてくる心地よい音楽のように、周りの人々にフレグランスに関心を持たせるきっかけとなる香りです。

まさにフレグランス・アンバサダーという意味をこめたクルジャンの意欲作です。フレグランスに対する偏見を拭い去ろうという意気込みで調香された香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:APOM プールファム
原名:APOM Pour Femme
種類:オード・パルファム
ブランド:メゾン・フランシス・クルジャン
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2009年(日本発売は2012年9月)
対象性別:女性
価格:70ml/27,060円


シングルノート:アフリカン・オレンジ・ブロッサム、イラン・イラン、ヴァージニア・シダー

メゾンフランシスクルジャン Maison Francis Kurkdjian APOMプールファム EDP リフィル 11mlx3 [602010]

価格:9,980円
(2022/6/8 13:15時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました