その他

ヴィヴィアン・リー2 『風と共に去りぬ』2(2ページ)

    作品名:風と共に去りぬ Gone with the Wind (1939)
    監督:ヴィクター・フレミング
    衣装:ウォルター・プランケット
    出演者:ヴィヴィアン・リー/クラーク・ゲーブル/オリヴィア・デ・ハヴィランド/レスリー・ハワード



    あなたこそ、スカーレットだ!

    『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ役は、他のあらゆる映画の配役よりも特別だと言われています。1936年に出版され、世界的ベストセラーとなったマーガレット・ミッチェルの原作の映画化にあたり、プロデューサーのデイヴィッド・O・セルズニックは、ウエスト43cmのスカーレットを演じる女優を捜すために5万ドルの費用と1400人が面接を受け、2年半の月日を費やしました。しかし、結局は女優が決定されずに1938年12月、撮影が開始されました。

    シーンはアトランタの大火のシーンからです。『キング・コング』(1933)と『小公女』の古いセットを改装して、南北戦争時代の建物に見えるように作られていました。そこに見学でやってきたのが、ローレンス・オリヴィエとヴィヴィアン・リーでした。この時、ヴィヴィアンは、明るく笑顔でデイヴィッドと会話した後に、突然、無言になり、焼け跡となったアトランタのセットを見つめ、涙を一筋流したという。この表情を見て、デイヴィッドは「スカーレットがここにいる!」と感じたと回想しています。

    「緑の目が端正なふるまいとはうらはらに、いきいきと輝いている」。こうしてスカーレット役の最終候補は、ポーレット・ゴダード、ジーン・アーサー、ジョーン・ベネット、そしてヴィヴィアン・リーの4人に絞られたのでした(スクリーンテストの後、当初監督予定だったジョージ・キューカーの賛同もあり、ヴィヴィアンの抜擢が決定しました)。

    一方、キャサリン・ヘプバーンは、デイヴィッドに直談判して、こう言い放ちました。「この役が実際には私のために書かれたものであることをご存知でしょ?私こそがスカーレット・オハラよ。だったら私がスカーレットを演じるべきでしょ?」と。しかし、デイヴィッドの答えは「私としてはクラーク・ゲーブルが10年間きみを追い続けるなんて想像できない」という冷たい真実でした。

    shantytown-dress-003

    特徴的な柄のドレスに、黄色のアイテムの絶妙なカラーバランス。

    スカーレット・ルック5 スレートブルードレス
    • スレートブルーのドレス。特徴的なジズザグ柄。2ピース。
    • 黒のヘッドドレスに黄色のリボン。黒ヴェールつき
    • 黄色い手袋




    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. ミッシェル・リー/カレン・モク1 『天使の涙』1(2ページ)
    2. マレーネ・ディートリッヒ2 『モロッコ』2(2ページ)
    3. ミア・ファロー6 『ローズマリーの赤ちゃん』6(2ページ)
    4. オードリー・ヘプバーン7 『麗しのサブリナ』3
    5. グレタ・ガルボ2 『グランド・ホテル』3(2ページ)
    6. アニー・デュプレー2 『薔薇のスタビスキー』2(2ページ)
    7. オードリー・ヘプバーン34 『マイ・フェア・レディ』2(2ページ…
    8. オードリー・ヘプバーン33 『マイ・フェア・レディ』1(2ページ…

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP