究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ル ラボ】バニラ44(ヴァニーユ44) パリ(アルベルト・モリヤス)

アルベルト・モリヤス
アルベルト・モリヤスブランドルラボ調香師香りの美学
この記事は約4分で読めます。

バニラ44(ヴァニーユ44) パリ

原名:Vanille 44 Paris
種類:オード・パルファム
ブランド:ルラボ
調香師:アルベルト・モリヤス
発表年:2007年
対象性別:ユニセックス
価格:15ml/19,800円、50ml/38,500円、100ml/57,200円
公式ホームページ:ルラボ

スポンサーリンク

ゲランとスイーツの都パリ=〝バニラ〟の香り


ル ラボが出店している都市ごとの限定の香り「シティ エクスクルーシブ コレクション」の第三弾として2007年に発売されたパリ限定の香りが、「バニラ44(ヴァニーユ44)」です。

それは2017年12月20日に、世界中のファッショニスタから惜しまれつつも閉店したパリの〝ファッションの聖地〟コレットのために創られた香りでした。名調香師アルベルト・モリヤスが調香したル ラボの香りの二つのうちの一つです。

ル ラボらしくバニラをストレートに表現した香りではなく、ひねくれもののバニラの香りです(または照れ屋の人情家バニラの香り)。砂糖のような甘いバニラから卒業することが出来る大人のバニラの香りです。

つまり、この香りの素晴らしさは、バニラからイメージするバニラの実の香り(いわゆるバニラビーンズの香り)ではなく、バニラの実がおさまったバニラの鞘(vanilla pods)や木の香りを描いているところにあります。

それは甘さというよりもウッディな香りであり、バニラなんだけど、バニラではない。奥に隠れているから、一瞬分からない。変装したバニラです。

なぜフランス・パリの香りがバニラなのでしょうか?それは恐らく、フレグランスにおけるパリ=ゲランであり、ゲランと言えばゲルリナーデ→バニラだからでしょう。そして、一流のパティシエ、ショコラティエ、ブーランジェによるバニラを使ったスイーツの都でもあるからです。

さらに言うと、パリジェンヌをイメージしているとも言えます。第一印象はクールで氷のようですが、その中に、燃え上がるような情熱と官能性を秘めているというそのイメージを、セクシーな甘いバニラを奥に潜ませ、男勝りなウッディで表面的に覆い隠すことにより表現しているのです。

そんな香りをゲランの香りを調香したことがないアルベルト・モリヤスが調香したところにこの香りの面白さが存在するのです。ちなみにこの香りは「ドゥーブル ヴァニーユ」(こちらの方がより甘い)と多くの共通点を持つ香りです。

バニラを愛し疲れた人のためのバニラ


ベルガモットとマンダリン・オレンジをメタリックなアルデハイドが掻き混ぜていく中、(ジャスミンの明るさを生む)ヘディオンが優しく包み込む、どこか涼しげな苦くグリーンなお酒のような(もしくはスプーンの上のバニラアイスクリームのような)感触からこの香りははじまります。

すぐにスモーキーなガイアックウッドとインセンスに乗って、ムスキーなバニラがふんわりと登場します。それはまるでバニラを愛する人々が、色々なバニラの甘い側面に疲れ果てた先に辿り着いたシャングリラのようなバニラの香りです。

アルベルト・モリヤスがプレジャーズなどでも愛用しているフィルメニッヒ社のムセノンが、このバニラに存在する、ドライな空気で包み込む浮遊感もしくは透明感=生肌が生肌を誘うような、パウダリーさを生み出しています。

ちなみにフィルメニッヒ社が生み出した合成ムスクにおけるダイヤモンドと呼ばれるほど高価な五大ムスクが、ムセノンと、アニマリックなムスコン、フローラルなエグザルトリド、ウッディなハバノリド、フルーティーなヘルベトリドです。

今まさに人生の最高潮に達した人間が、有頂天になる心を必死に抑えようと「禅」の世界に足を踏み入れていくような、(心が温まる訳ではなく)心が透き通っていくような香りです。

さらにこの香りには、何百年も前から存在する図書館のような匂いも感じさせます。それはまるで心の中に、新たなる知性の棚がひとつ設置されたような〝氷点下のバニラアイスクリームに、煮込んだ知性のシロップ〟を垂らしていくような頭脳の靄が晴れ、冴え渡る香りなのです。

この香りは、アルベルト・モリヤスという調香師の本質が、天使にも悪魔にもなれるということをよく教えてくれます。そして、「ガイアック 10」とも共通する孤高の世界観の表現に成功している、ガイアックウッドに、どこでもドアのような役割を与えることに成功した香りとも言えます。

ル ラボのすごい所は、ガイアックウッドという香料は、チープで粗い香りを生むものなので、基本的に高級な香水に使われることがないのですが、そんな香料に、光を当てたところにあります。
スポンサーリンク

香水データ

香水名:バニラ44(ヴァニーユ44) パリ
原名:Vanille 44 Paris
種類:オード・パルファム
ブランド:ルラボ
調香師:アルベルト・モリヤス
発表年:2007年
対象性別:ユニセックス
価格:15ml/19,800円、50ml/38,500円、100ml/57,200円
公式ホームページ:ルラボ


シングルノート:マンダリン・オレンジ、ブルボンバニラ、ガイアックウッド、インセンス、ベルガモット、アルデヒド、ムセノン

タイトルとURLをコピーしました