その他

チュベローズ40 ニューヨーク (アルベルト・モリヤス)

    香水名:チュベローズ40 ニューヨーク Tubereuse 40 New York オード・パルファム
    ブランド:ルラボ
    調香師:アルベルト・モリヤス
    発表年:2006年(限定品)
    対象性別:ユニセックス
    価格:50ml/28,350円
    公式ホームページ:ルラボ





    トップノート:アフリカン・オレンジ・フラワー、ベルガモット、タンジェリン、プチグレン、ネロリ
    ミドルノート:ジャスミン、チュベローズ、サンダルウッド、ヴァージニア・シダー、ローズ、ミモザ
    ラストノート:オーク・モス、アンブレット


    NY発のフレグランスブランド、ルラボ。お客様からオーダーを受けてから、ショップのその場で最終調合する(5分程で完成)というメイド・トゥー・オーダー方式を採用しています。それはフレッシュな状態でお客様にフレグランスを提供することになり、人気を博しています。ルラボは、ロレアルジョルジオ・アルマーニのフレグランスを担当していたエディ・ロスキーファブリース・ペノーによって2006年に設立されました。日本では、代官山に旗艦店があります。

    ルラボというブランドの面白さは、世界各都市の店舗で販売されている限定の香りにもあります。そんな香りが、不定期に日本でも限定販売されることがあります。そんなシティエクスクルーシブ・シリーズと銘打ち販売されるフレグランスの第一弾として販売されたのが、ニューヨークで限定販売されている「チュベローズ40」です。

    この香りは、その名の通り、チュベローズがメインで調香されているわけではありません。チュベローズはあくまで40種類もの香料がブレンドされたもののひとつにすぎません。オレンジ・ブロッサムとネロリを中心にブレンドされた古典的な柑橘系コロンにアクセントとしてチュベローズとジャスミンが加えられています。日本では、50ml28,350円で販売されていますが、当のニューヨークでは同じサイズが130ドルで販売されています。

    名調香師アルベルト・モリヤスに依頼されたこの香りには逸話があります。それはエディとファブリースがブランドを立ち上げる前に、パリのナイトクラブで映画『マリー・アントワネット』の撮影をしているキルスティン・ダンストと知り合い、そんな彼女の好みであるフローラルムスクの香りを作ってあげることになったことからこの香りが誕生したということです。



    カテゴリー一覧

    女を磨くファッション・アイコン一覧

    2018/19おすすめラグジュアリーバッグ

    売れるブランド販売員の特徴

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP