究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペンハリガン】ロタール(ベルトラン・ドゥショフール)

ブランド
ブランドベルトラン・ドゥショフールペンハリガン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ロタール

原名:Lothair
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:ベルトラン・ドゥショフール
発表年:2014年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/25,630円
販売代理店ホームページ:大丸松坂屋オンラインショッピング

ペンハリガン PENHALIGON`S ロタール オードトワレ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 メンズ 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:800円
(2022/1/26 10:48時点)
感想(9件)

スポンサーリンク

ミルキーな海原を帆船で駆け抜ける香り


華美でデカタンスな空気に包まれた19世紀の世紀末、海洋貿易の拠点として栄華を極めたロンドンにインスピレーションを得た「トレードルート コレクション」が2014年に発売されました。

その3種類(現在は6種類発売)のうちのひとつが、「ロタール」です。その名の意味は「紅茶を運ぶ快速帆船=ティークリッパー」です。

1830年代後半から、ティークリッパーが英国とアジアの間で、ティー・香辛料・アヘンなどの輸送に広く使われるようになります。しかし、1869年にスエズ運河が開通し、ティーの取引はクリッパーから蒸気船へと移行していくのです(つまりはペンハリガンが創業した1870年には、ティークリッパーは衰退しつつあった)。

そんな時代背景を香りに投影したアロマティック・スパイシーな香りはベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。

グレープフルーツとジュニパーの爽やかなオーデコロンのような香りに、スパイシーなカルダモンが絡み合う、潮風を思わせるソルティーな香りからはじまります。

やがて、帆船の帆のように何帆にも、スモーキーな紅茶、グリーンでまろやかなフィグミルク、芳醇なマグノリアの花といった〝香りの帆〟が張り巡らされていきます。トップの潮風から、ミルキーかつスモーキーな香りへの変化が絶妙です。

そして、〝香りの帆〟に、ベースという名の風が到来し、それぞれの帆で様々な香りが生み出されていきます。そのベースの風とは、アンバーグリス、シダーとオークモスです。

それはまるでウッドデッキの帆船がミルキーな海原を駆け抜けているかのような開放的な香りです。ペンハリガンの中でも目立たない香りですが、〝ティーフレグランスの隠れた名香〟と言えます。

香水データ

香水名:ロタール
原名:Lothair
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:ベルトラン・ドゥショフール
発表年:2014年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/25,630円
販売代理店ホームページ:大丸松坂屋オンラインショッピング


トップノート:ジュニパー、カルダモン、ベルガモット、グレープフルーツ、フィグリーフ、レッドベリー
ミドルノート:フィグツリー、ラベンダー、マグノリア、ゼラニウム、ブラックティー
ラストノート:バニラ、ムスク、シダー、アンバーグリス、オークモス

【最大1,000オフクーポン配布中】PENHALIGON’S ペンハリガン ロタール オードトワレ TRADE ROUTES LOTHAIR EDT 100ml

価格:33,400円
(2022/1/26 10:48時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました