究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ルイ ヴィトン】スール ラ ルート(ジャック・キャヴァリエ)

ジャック・キャヴァリエ
©LOUIS VUITTON
ジャック・キャヴァリエブランドルイ・ヴィトン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

スール ラ ルート

原名:Sur la Route
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2018年
対象性別:男性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン

スポンサーリンク

ジャック・キャヴァリエの大冒険

©LOUIS VUITTON

©LOUIS VUITTON

©LOUIS VUITTON

2018年5月31日に、ルイ・ヴィトンから発売されたメンズ・フレグランス・コレクション「レ パルファン ルイ ヴィトン フォーメン」の5種類の香りのひとつです。ウィメンズと同じく、全ての香りを調香したのは、2012年からルイ・ヴィトンの専属調香師をつとめるジャック・キャヴァリエです。

「スール ラ ルート」とはフランス語で「オン・ザ・ロード=路上にて」という意味です。肌の上をフルスピードで吹き抜ける風から着想を得たというこの香りは、セドラとベルガモットをブレンドしたシトラスの爽快感に、刈り取ったばかりの草のグリーンの瑞々しさとペルーバルサムのコントラストがクセになるシトラス・アロマティックな香りです。

特にペルーバルサムに対する拘りは並々ならぬものがあります。これはキャヴァリエ自身がエルサルバドルで見つけてきた原料を使用しています。樹皮に切り込みを入れ採集した樹脂を沸騰させ、綿の布に染み込ませ、水分を分離します。そして、グラースに空輸し、水蒸気蒸留によりペルーバルサムの精油は完成するのです。

恐らくこの香りが5種類の中で、最も日本人男性に好まれる香りでしょう。

ちなみにルイ・ヴィトンは1927年に同名のフレグランスを製造しています。今ではボトルさえも現存していない幻のフレグランスです。

香水データ

香水名:スール ラ ルート
原名:Sur la Route
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2018年
対象性別:男性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン


トップノート:カラブリア産ベルガモット、セドラ、ピンクペッパー
ミドルノート:ナツメグ、草、カルダモン、ヘディオン
ラストノート:シダー、ペルーバルサム、イソEスーパー、レザー、パチョリ

タイトルとURLをコピーしました