究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ニシャネ】サフラン コロニゼ(クリス・モーリス)

その他
その他ニシャネブランド調香師香りの美学
この記事は約2分で読めます。

サフラン コロニゼ

原名:Safran Colgnisé
種類:エキストレド コロン
ブランド:ニシャネ|NISHANE
調香師:ジョージ・リー(ホルヘ・リー)
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/20,900円
販売代理店ホームページ:NOSE SHOP

スポンサーリンク

非常に珍しい〝レザー・コロン〟



2012年にトルコ・イスタンブールで創業したフレグランス・ブランドのニシャネより、2019年にブランドから発売されたオーデ・コロン(18%の濃度のエキストレド コロン)です。ジョージ・リーにより調香されました。

ドイツのケルンをイメージして生み出された香りです。ケルンとは、オーデ・コロン発祥の地(1709年)で有名な町です。ただし、香り自体のイメージは、トルコ社会に深く根付いているおもてなしとしてのコロンの使い方から来ています。

それはコロンヤという、どの家庭でも常備されているレモンの香りのオーデ・コロンを、家を訪れた客人を歓迎するために手にふりかけるという、オスマントルコ時代からのトルコのおもてなし精神のひとつの形です(レストランで食事を終えた後に給仕が手にふりかけてくれたりします)。

コロニゼ」のレザー・ヴァージョンとも言えるこの香りは、セドラとピンクグレープフルーツの弾けるような香りに、ジューシーなパッションフルーツとスパイシーなサフランが結びつき、すぅ~~っとするようなレザーで包み込むようにしてはじまります。

この組み合わせはオーデ・コロンとしてはかなり斬新です。しかも、意表をつく心地よさと、クセになる食感があります。

ドライダウンするにつれて、姿を明らかにするアンバーグリスとサフランがアート系の写真集を購入して、開いたばかりのような香りで包み込んでくれます。芸術的な感性をたいへん刺激してくれる香りです。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:サフラン コロニゼ
原名:Safran Colgnisé
種類:エキストレド コロン
ブランド:ニシャネ|NISHANE
調香師:ジョージ・リー(ホルヘ・リー)
発表年:2019年
対象性別:ユニセックス
価格:100ml/20,900円
販売代理店ホームページ:NOSE SHOP


トップノート:セドラ、パッションフルーツ、ピンクグレープフルーツ
ミドルノート:サフラン、マグノリア、ピンクペッパー
ラストノート:ムスク、アンバーグリス、レザー

タイトルとURLをコピーしました