究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ゲラン】ローズ バルバル(フランシス・クルジャン)

ゲラン
ゲランフランシス・クルジャンブランド調香師香りの美学
この記事は約5分で読めます。

ローズ バルバル

原名:Rose Barbare
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2005年
対象性別:女性
価格:100ml/46,200円、200ml/66,000円
公式ホームページ:ゲラン

スポンサーリンク

鋭い棘のある薔薇ほど、静かに咲くことが出来る。

©GUERLAIN

旧ボトル ©GUERLAIN

2005年、パリ・シャンゼリゼ通り68番地のゲラン本店のリニューアルオープンを記念して発売された「ラール エ ラ マティエール(芸術と貴重なる生の素材)」コレクション。

このコレクションは、今までゲランと全く接点のなかった3人の調香師が、時のクリエイティブ・ディレクター、シルヴェーヌ・ ドゥラクルトマチルド・ローランと共にジャン=ポール・ゲランの下で学んだ女性)により選抜され生み出されました。

その3種類のうちのひとつとして発売されたのがこの「ローズ バルバル」でした。華やかさよりも、洗練を感じさせる、男性も身に纏えるユニセックスな(少し甘めの)ローズの香りは、ディオールの二代目専属調香師であるフランシス・クルジャンにより調香されました。

「ローズ・バルバル=野蛮なローズ」は、鋭い棘を強調したようなイタリア産のロサ・ダマスケナの香りからはじまります。すぐに、ローズの花びらにアルデハイドが朝露のように乗り、気品のある落ち着いた華やかな香りとなります。

(クルジャンほどカレー系のスパイスを愛する調香師はいない)フェヌグリークにより甘くて苦いスパイシーな側面を際立たせたターキッシュ・ローズが登場します。そして、スパイスが減退するにしたがい、ベースのピーチハニーが二つのローズとブレンドされ甘くなります。

更にラストにおいて、花びらが萎んでいくように減退するローズの香りに対して、存在感を増すピーチハニーをパチョリとアンバーが温めていくようなシプレなドライダウンへと香りは導かれていきます。

「野蛮なローズ(野生で反逆的な赤いローズ)」。それは野生のローズでもあり、あらゆる害虫が近づくことが出来ないほどの孤高のローズという意味もあります。つまりは、女性の中に眠る「野生」と「孤高」を演出してくれるローズなのです。

甘いハニーの香りがして、狂おしくなるほどに、近づきたくなるのですが、鉄条網のような棘により近づけない最高級の女性を演出する香りです。

スポンサーリンク

失われたラクトンを蘇らせる魔法のローズ

私自身は、ローズが嫌いなので、通常の方法とはまったく逆の方法でローズを使用してみました。

シルヴェーヌ・ ドゥラクルト

ジャック・ゲランが調香した「ミツコ」の特徴は、アルデハイドC-14(γ-ウンデカラクトン、別名ピーチアルデハイド)とジャスミンのブレンドでした。「ローズ バルバル」における特徴的なピーチハニーは、クルジャンが、ジャスミンの代わりに、1ポンド2600ドルするターキッシュ・ローズをアルデハイドC-14とブレンドすることにより実現したものでした。

香りというものには、深い記憶の眠りを覚ませる覚醒効果もあるのですが、この香りは、「記憶を蹂躙するローズ」とでも命名しましょうか、ローズがピーチハニーによってだんだんと甘さの蹂躙を受けていくのですが、最終的には、ローズが息を吹き返します。

全ては、この瞬間のためにこの香りは、存在すると言ってよいでしょう。それは、ピーチハニーに蹂躙されたローズが最後の最後に実は生命を取り戻す瞬間。

そして、不思議なことに、加齢により失われたラクトン(20代の女性の甘い匂い)を取り戻す香りでもあるのです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「LMVHグループの傘下に収まってから方向性の定まらない数年を経て、ゲランはやっととるべき姿勢が定まったようだ。失った時間を埋め合わせするかのように、高級市場で新作を発表し、昔ながらの名香をいくつか復活させ、シャンゼリゼ通り68にある本店を改装、拡張した。」

「きわめて明るくウッディなロサ・ダマスケナや、クロード・モンタナの「パルファン・ド・ポー」やエスティ・ローダーの「ノィング」を、さらにクオリティーを高め、巧妙にリメイクしている。ローズ・バルバルはこの種の香水の長所と短所を両方あわせもっている。」

「骨太で端正で衝撃的。しかし少しすると飽きてくる。強いペッパー調の香りによって、ドライダウンがどぎつくならずにすみ、この種の香水としてはたいへん優れている。しかし、その手法でいえば、エドゥアール・フレシェの「ユヌ ローズ」(フレデリック・マル)のほうが、もっと野生的で、味がある仕上がりにになっている。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ローズ バルバル
原名:Rose Barbare
種類:オード・パルファム
ブランド:ゲラン
調香師:フランシス・クルジャン
発表年:2005年
対象性別:女性
価格:100ml/46,200円、200ml/66,000円
公式ホームページ:ゲラン


トップノート:アルデヒド、ロサ・ダマスケナ
ミドルノート:ターキッシュ・ローズ、フェヌグリーク
ラストノート:ピーチハニー、パチョリ、ウッディノート

タイトルとURLをコピーしました