究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【クロエ】ロー ド クロエ(ミシェル・アルメラック)

クロエ
©Chloé
クロエブランドミシェル・アルメラック調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

ロー ド クロエ

原名:L’Eau de Chloe
種類:オード・トワレ
ブランド:クロエ
調香師:ミシェル・アルメラック
発表年:2012年
対象性別:女性
価格:50ml/9,450円、100ml/13,125円

スポンサーリンク

クロエの「ローズ革命」第三章

©Chloé

コティとロベルテの協力を得てフレグランスをリリースすることになったクロエは、2008年2月(日本は2008年4月2日)に発売された「クロエ オードパルファム」により、一躍「クロエ旋風」を巻き起こすことになりました。

そして、その翌年の2009年4月に「クロエ旋風」の最中に発売されたのが「クロエ オードトワレ」でした。さらに、2012年3月7日に発売されたはじめてのフランカーがこの「ロー ド クロエ」でした。

〝クロエの水〟という名のこの香りは、オリジナルを調香したミシェル・アルメラックによるシトラス・フローラル・シプレの香りです。

スポンサーリンク

クロエが解き放つ〝草原の中のバラの輝き〟

©Chloé

©Chloé

爽やかに弾けるシトロンを中心に、グレープフルーツとベルガモットが加わる、レモネードを思わせる香りからはじまります。

2009年に発売されたオードトワレのマンダリン・オレンジとウォーターメロンのアクアティックなはじまりとは全く違います。そこに春の訪れを知らせる、(バジルのような)フレッシュなパチョリのビターグリーンの香りが溶け込み、心を躍らせるようなシトラス・グリーンの香りに包まれてゆきます。

まさにこのボトルカラーがこの香りのイメージをそっくりそのまま伝えてくれています。それは〝優しくきらめくグリーン〟なのです。

すぐに春の風に誘われ歩みを進めていくと、ローズ、ピオニー、スズラン、フリージア、マグノリア、ジャスミンが咲き始める小さなお庭に到達するのです。そして、ピーチとローズウォーターの朝露に濡れた花びらが、シトラスとフローラルの〝優しい調和〟を肌に伝えてくれるのです。

やがて、開花したばかりのフレッシュなローズの香りが、立ち上る温かい土の香り=オークモスによって、より生き生きとソーピィーな生命力を解き放っていくのです。

ローズウォーターの役割は、ローズティー効果を生み出すのではなく、朝露に濡れたフレッシュローズ効果を生み出しています。それはオリジナルのEDPで使用されていたローズノートを水蒸気蒸留し22%に濃縮したローズウォーターに置き換えたことにより達成されています。

フランス人モデルのカミーユ・ローヴ・プルシュレス(1990-)を起用した、ピクニックをテーマとしたキャンペーン・フィルムは、マリオ・ソレンティにより撮影されました。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ロー ド クロエ
原名:L’Eau de Chloe
種類:オード・トワレ
ブランド:クロエ
調香師:ミシェル・アルメラック
発表年:2012年
対象性別:女性
価格:50ml/9,450円、100ml/13,125円


トップノート:シトロン、グレープフルーツ、ベルガモット、アルデハイド、ピーチ
ミドルノート:ローズ、ローズウォーター、ヴァイオレット、ピオニー、スズラン、フリージア、マグノリア、ジャスミン
ラストノート:パチョリ、シダー、オークモス、ホワイトムスク、アンバー、ラブダナム

【クロエ 香水】ロード クロエ 50ml ET SP 【並行輸入品】

価格:26,181円
(2022/5/22 09:06時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました