究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ザ ディファレント カンパニー】オスマンチュス(ジャン=クロード・エレナ)

ザ・ディファレント・カンパニー
ザ・ディファレント・カンパニー ジャン=クロード・エレナ ブランド 調香師 香りの美学
この記事は約4分で読めます。

オスマンチュス

原名:Osmanthus
種類:オード・トワレ
ブランド:ザ・ディファレント・カンパニー
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2000年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/17,050円、100ml/22,550円
販売代理店ホームページ:Nose Shop

ザ・ディファレントカンパニー THE DIFFERENT COMPANY オスマンチュス EDT 50ml [631813]

価格:11,600円
(2020/8/7 16:01時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

江戸時代に日本に渡来した金木犀


真の香りの贅沢を創り出すというテーマで、2000年に生み出されたニッチ・フレグランス・ブランドのザ・ディファレント・カンパニーが最初に発売した三作品のうちのひとつそれが「オスマンチュス」です。ジャン=クロード・エレナにより調香されました。

すべての女性がその名の響きにときめかずにはいられない『楊貴妃という名のカクテルがあります。それはとても甘く、芳醇で飲みやすいカクテルです。

その作り方は、10mlのディタ(ライチ・リキュール)と20mlのグレープフルーツ・ジュースに5mlのブルー・キュラソーをミックスし、そこに30mlの桂花陳酒を注ぎ込み、シェイクすれば出来上がります。

さて、このあまり聞きなれない桂花陳酒というのは、中国酒なのですが、白ワインに金木犀の花冠を3年間漬け込んで作られます。

金木犀(オスマンサス)とは中国原産の植物で、江戸時代に日本に渡来し(ヨーロッパの庭園に現れたのは1771年から、今ではコートダジュールの庭園に多く植えられています)、まだボットン便所だった全盛期の日本においては、強く甘い香りを発する特性を生かし、その傍の庭に植えられ芳香剤の役割を果たしていました(他にも、樹形を整えやすいため、家の垣根などにも使われる)。

そのため昭和期(70年代~90年代)には、トイレの芳香剤として金木犀の香りが売り出され、金木犀=トイレの香りというイメージでした。

スポンサーリンク

紫禁城を訪れたエレナの想い出の香り


しかし、現在において金木犀はそういった野暮ったいイメージを払拭しつつあります。そして、この香りは、そんな金木犀の真の魅力を伝えてくれる香りなのです。

ジャン=クロード・エレナが中国の紫禁城の御花園を訪れた時に、その庭園を包み込んでいた金木犀の香りに感動し、その記憶を留めておくために調香した作品であると言われています。

金木犀の強くて甘い香りを合成香料で再現することはそれほど難しくないのですが、金木犀から天然香料を抽出することはすごく難しく手間のかかることです。現在、中国において数社のみが溶剤抽出法で、オスマンサス・アブソリュートの生産に成功しています。

わずか250mlにつき、20kgもの金木犀の花を使い、抽出したアブソリュートを使用した「究極のオスマンサス」の香りそれがこの香りです。ただし、トップノートは金木犀ではなく、それがまたこの香りの奥深いところなのです。ミドルで現れるピーチの香りがゲランの「ミツコ」を連想させます。

エレナは2004年に、エルメスの「オスマンサス ユンナン」により、ふたたび金木犀の香りを創造しているのですが、それほどまでに金木犀に思い入れのあるエレナの最初の金木犀の香りです。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「オスマンチュス」を「夢みるピーチ」呼び、「オスマンサスはおだやかな気候でよく育つ(私もロンドンで庭に植えていた)。中国原産の灌木で、石けん質でアプリコットピーチのとてもいい香りが漂う小さな白い花を咲かせ、毒のないチョウセンアサガオといったところ。優しくおだやかなところと、ドライで控えめなところが組み合わさっているのはたいへん魅力的だと思う。」

「資生堂の名高い「ノンブル ノワール」は例外だった、というのも、タッチは和らげてあるが、そのほかの部分はくっきりとした構成だ。オスマンスオイルの成分をみると、それがどのように作用するかがわかる。ちなみに成分は、ピーチ・ココナッツのラクトン類、ウッディ・バイオレットのイオノン類、そして、テアスピロンである。」

「かぐわしさとクチナシのような香りの効果を得るために、トップにはレモン風ノートのタッチが添えられ、ドライダウンは石けん様ウッディだ。ホテルの部屋を自宅と同じくらい居心地よくするため、身近な小物を持ち歩く人たちのように、私もこのすばらしいフレグランスを使っている。私を見守ってくれる精霊ジーニーが旅行用の小瓶に入っていて、これまでまだ一度も期待を裏切られたことがない。」と4つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:オスマンチュス
原名:Osmanthus
種類:オード・トワレ
ブランド:ザ・ディファレント・カンパニー
調香師:ジャン=クロード・エレナ
発表年:2000年
対象性別:ユニセックス
価格:50ml/17,050円、100ml/22,550円
販売代理店ホームページ:Nose Shop


トップノート:マンダリン・オレンジ、ベルガモット、グリーン・ノーツ
ミドルノート:オスマンサス(金木犀)、ジャスミン、ゼラニウム
ラストノート:ムスク、ローズ

ザ・ディファレントカンパニー THE DIFFERENT COMPANY オスマンチュス EDT 50ml [631813]

価格:11,600円
(2020/8/7 16:01時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました