究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

キリアン/フレデリック マル ジェイアール名古屋タカシマヤ【全国フレグランス×香水聖地ガイド】

全国フレグランス聖地ガイド
©ジェイアール名古屋タカシマヤ
全国フレグランス聖地ガイド香りの美学
この記事は約4分で読めます。

キリアン/フレデリック マル ジェイアール名古屋タカシマヤ

場所 愛知・名古屋
住所 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−4 ジェイアール名古屋タカシマヤ 4階
電話 052-562-9077

2021年10月からキリアンとフレデリック・マルの店舗販売は、ブルーベル・ジャパンが行うことになりました。そのため各売り場において、この両ブランドの香りについて満足な接客の出来るフレグランス販売員様がほとんど存在しない状況となっております。両ブランドのひとつひとつの香りの世界観をしっかりお伝えすることの出来るスペシャリストがおられるのは、現状においては『ジェイアール名古屋タカシマヤ』だけでしょう。

スポンサーリンク

2021年10月、キリアン/マルの代理店はブルーベルになりました。

エスティローダーが、キリアンフレデリック マルをLVMH等に売却し、手放した訳ではないのですが、日本の代理店は、2021年10月よりブルーベル・ジャパンへと移行されました。このことにより、

  1. 伊勢丹新宿店 本館1階・メンズ館1階
  2. 日本橋三越本店 本館1階
  3. 阪急メンズ東京 1階
  4. ジェイアール名古屋髙島屋 4階

にあるキリアン/マルの売り場は、ブルーベルの販売員の皆様が担当することになりました(新宿メンズは元々そうでした)。

現在、日本橋高島屋と大阪タカシマヤ、大丸心斎橋にあるキリアン/マル(大丸だけはマルのみ)は、年内でブルーベルに移行される予定です。

そういった状況の中、ブルーベルのパルファム・ソムリエール様でさえも最低1年は向き合わないと理解出来ないほどに、最難関とも言えるこの二つのフレグランス・ブランドに対して、都内で満足のいく接客を望まれる場合は、伊勢丹新宿店 本館のブルーベルの女性チーフの方からの接客を受けられることをお奨めします。

2021年12月の現時点において、キリアン/マルの世界観に精通したフレグランス・スペシャリスト様がおられる店舗は、ただひとつしかございません。その店舗は、ジェイアール名古屋タカシマヤ店です。

2019年8月28日にオープンして以来、東西のキリアン/マルの聖地(当時、東京と大阪には、伝説の男性チーフがいた)に並び立つ素晴らしい男性チーフの方が現在もおられるのです。そして、この方はブルーベルに移られ、今後もキリアン/マルの売り場のチーフとして、接客を継続されているのです。

スポンサーリンク

キリアン/マルの聖地は、名古屋にあり!

もしあなたが、フレグランス販売員として働かれる場合、フレデリック・マルとキリアンの香りを販売することはとても大変です。何よりも、ひとつひとつの香りの世界観が奥深いだけでなく、それぞれのブランドのイメージが全く違うからです。

キリアンは、禁断と官能の世界の香りであり、トム・フォードルイ・ヴィトンのフレグランスを接客するようなラグジュアリー観と存在感と美意識が求められます。

一方、フレデリック・マルは、そういった世界とは真逆の〝究極の香水〟的なブランド(=ゲラン帝国)であり、調香師の存在に重きを置いており、フレデリック・マル自身がひとつひとつの香りで伝えたい世界観を把握していく必要があります。

たとえばジャン=クロード・エレナの香りであれば、エルメスや他ブランドで彼が生み出した香りについてもフォローしていかなければ、正確に語ることが出来ないブランドであり、なんとなく売れることはまずないブランドなのです。

恐らくブルーベルのパルファム・ソムリエールの方々であれば、トレーナーと共に、半年から1年のうちにその世界観をマスターしていかれることになるでしょう。ただし、来年の夏までの空白の期間において、真のフレグランス・スペシャリストが、キリアン/フレデリック・マルの売り場において存在するのは、このジェイアール名古屋タカシマヤ店だけなのは間違いない事実と断言できます。

カイエデモードは迷わずに宣言いたします。もしあなたが、キリアンとフレデリック・マルの世界観を愛する人ならば、一度は名古屋店で男性チーフの方の接客を受けてくださいと…間違いなく、もっともっとその素敵な世界観の虜になっていくことでしょう。

最後に、何よりも素敵なのは、この店舗の接客スペースがカウンセリング・スペースもしっかり確保されていて、心地よく香りを選べる点にあります。

タイトルとURLをコピーしました