究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

伊勢丹新宿メンズ館 フレグランスコーナー【全国フレグランス×香水聖地ガイド2022】

全国フレグランス聖地ガイド
©ISETAN MITSUKOSHI
全国フレグランス聖地ガイド香りの美学
この記事は約5分で読めます。

伊勢丹新宿メンズ館 フレグランスコーナー

場所 東京・伊勢丹新宿
住所 東京都新宿区新宿3丁目14-1 フレグランスコーナ メンズ館 1F
電話 03-3352-1111

日本でフレグランスの総本山と呼べきものがあるとするなら、それは間違いなく伊勢丹新宿のフレグランスコーナーでしょう。そして、2021年3月にメンズ館のフレグランスコーナーがリニューアルされ、伊勢丹新宿はさらに充実したフレグランスのラインナップを揃えるようになりました。

メンズ館には、パルファン・サトリの大沢さとり様に師事した男性販売員様がおられます。東京のブルーベルにおいて、本館におられる〝希望の星と双璧を成す方です。

スポンサーリンク

阪急メンズ東京と伊勢丹新宿メンズ館のフレグランスコーナーの違い

©ISETAN MITSUKOSHI

2021年3月にリニューアルされる前から伊勢丹新宿メンズ館のフレグランスコーナーは充実しつつありました。そして、都内で最も残念なフレグランスコーナーだと言われている阪急メンズ東京のフレグランスコーナーとは、あらゆる意味において対極を成す聖地への道を歩んでいます。

ちなみに、阪急メンズ東京のフレグランスコーナー(2019年3月にリニューアル)が良くないのは、この館自体が、活気がないことは勿論のこと、販売員様それぞれに活気がないことも原因です(香水接客の基本が出来ていない人がほとんどで、やる気のある人もやる気が削がれていくような環境)。

その中に混じっている百貨店社員様はさらに香水接客が出来ません。私が不思議でしょうがないのは、百貨店の社員としてフレグランスコーナーに配属されているのに、何ヶ月経ってもほとんど知識がない状態で販売を続けている実態です(仕事に対する誇りはないのでしょうか?)。

この売り場ではほとんどの香水販売員の皆様は、どうやら自分たちの仕事は、ムエットを渡すだけと考えている節があります(約1名だけ素晴らしいラウンダーの男性販売員様がおられます)。

基本的に、香水販売員にとって最も駄目な接客は、無気力な接客とお客様の感想を否定することです。ここにあるフレデリック・マルとキリアンは、日本で一番〝残念な扱いを受けている〟と言って差し支えないでしょう。

一方で同じメンズ館でも伊勢丹新宿の方は活気があります。去年3月にリニューアルしてさらに活気に満ちており、本館にはないセルジュ・ルタンスもフルラインナップで揃っています。

セルジュ・ルタンスの販売に関する問題は、その素晴らしいひとつひとつの香りが持つ世界観を説明できる販売員がいないということです。私はこのブランドの接客不要の姿勢が、本当にもったいないと考えます。ルイ・ヴィトンの神戸店のフレグランス・スペシャリスト様やルシヤージュ京都の米倉様が、この香りを説明されたら本当に素晴らしいことになるだろうなと思います。

こちらには、ペンハリガンキリアンフレデリック・マルがしっかり説明できるブルーベルの男性販売員様がおられます。長身の青年であるこの方は、日本を代表する調香師である大沢さとり様(カイエデモードにとって恐れ多い方)に師事していただけあり、香りの説明も丁寧かつ的確で心がこもっています。

何よりもこの方が素晴らしいのは、謙虚に、ひとつひとつの香り、そして、調香師について学ぼうとしている姿勢があることです。これは香水接客において、絶対的な事なのですが、調香師の知識を常にブラッシュアップすることは絶対に必要だと言えます。

サステナビリティ、エシカルな香水販売の時代にとって、香りを作って頂いた調香師の存在や香料について隠すという姿勢は、もはや時代遅れ以外の何物でもないのです。

スポンサーリンク

全体的に香水販売員は低い賃金とトレーニング不足に泣いています。

伊勢丹新宿メンズ館のフレグランスコーナーは大きく分けて

といった三つの香水代理店が集まる売り場となっています。そこに、セルジュ・ルタンスやトム・フォードなどがあるのですが、これは今後のこういった売り場の課題なのですが、担当販売員のいないブランドは、なんとなく適当な説明(もしくは説明なし)でやり過ごされています。

間違いなくこれからのフレグランスコーナーに必要なあり方は、香水販売員を、フレグランス・アドバイザーとしていかに育成していくかということが重要なポイントとなるでしょう。

まず、香水の接客力の低すぎる百貨店社員のトレーニング・システムを作り変えること(フレグランス・トレーニングすら存在しない百貨店もあります)。さらに、香水販売員の満足のいく給与の保障。これは今後のフレグランス業界にとって、最も重要な課題だと思います。

残念ながら、今まで、香水に関わる企業の多くは、貧困ビジネスと言って良いほど、販売員が豊かに生きていけないシステムを変える事なく、その上に胡坐をかき続けてきました。この香水業界=貧困ビジネスの図式をなんとか打ち崩していかないと、日本の香水文化に明るい未来はございません。

これからの香水販売を行う会社に求められること。それは以下の三点でしょう。

  1. 取扱商品の調香師・香料をお客様にお知らせ出来る情報の開示(=商品の透明性)
  2. 販売員に対するトレーニングの徹底
  3. 販売員が、「私は香水販売員です」と胸を張って言えるほどの給与

そんな明るい香水業界への舵取りを果たしてくれそうな素敵な男性販売員様が、このメンズ館の青年販売員様なのです。

タイトルとURLをコピーしました