究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ルイ ヴィトン】リマンシテ(ジャック・キャヴァリエ)

ジャック・キャヴァリエ
©LOUIS VUITTON
ジャック・キャヴァリエブランドルイ・ヴィトン調香師香りの美学
この記事は約3分で読めます。

リマンシテ

原名:L’Immensité
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2018年
対象性別:男性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン

Louis Vuitton ルイヴィトン リマンシテ オードパルファム 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 レディース メンズ ユニセックス 30プッシュ 送料無料

価格:1,188円
(2022/5/25 13:38時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

ブルー ドゥ ルイ ヴィトン

©LOUIS VUITTON

2018年5月31日に、ルイ・ヴィトンから発売されたメンズ・フレグランス・コレクション「レ パルファン ルイ ヴィトン フォーメン」の5種類の香りのひとつです。ウィメンズと同じく、全ての香りを調香したのは、2012年からルイ・ヴィトンの専属調香師をつとめるジャック・キャヴァリエです。

「リマンシテ」とはフランス語で「広大さ、無限の広がり」という意味です。果てしない自由を、恐れずに謳歌する、旅の爽快感を連想させる香りとして生み出されました。

この香りに対する確信をキャヴァリエが得たのは、ふとしたきっかけからでした。自分自身にまだ試作品だったこの香りを拭きかけ、日曜日に、行きつけのグラースのベーカリーにパンを購入しに行ったときに、パン職人の女性が、はじめて彼に声をかけてきたのがきっかけでした。

今まで、ずっと顔を合わせてきたのですが、ほとんど会話しなかった彼女が、パン作りの手を止めて、キャヴァリエに対して走り寄ってきたのでした。そして、こう言いました。「私はあなたが有名な調香師だと知っています。そして、この香りがどれだけ素晴らしいと私が感じているかを説明させてください」と。そして、数分間その香りについての感想を述べたのでした。

グレープフルーツの苦みとフレッシュなナイジェリア産のジンジャーとラブダナムがブレンドされたこの香りは、アンブロキシドが目立つためか、よくある「スポーツ」系フレグランスのようです(シャネルの「ブルー ドゥ シャネル」やディオールの「ソヴァージュ」ように)。

しかし、二酸化炭素抽出法により抽出されたジンジャーの品質がかなり良く、グレープフルーツと絡み合うその奥に潜む、(キャヴァリエが創造した)マリンノートと、セージ、ローズマリーが、この香りに、驚異的な生命力を与えてくれています。ただし、価格差を考えると、1/3で購入できるシャネルやディオールで十分な気がしないでもない。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:リマンシテ
原名:L’Immensité
種類:オード・パルファム
ブランド:ルイ・ヴィトン
調香師:ジャック・キャヴァリエ
発表年:2018年
対象性別:男性
価格:100ml/38,500円、200ml/53,900円
公式ホームページ:ルイ・ヴィトン


トップノート:グレープフルーツ、ジンジャー、ベルガモット
ミドルノート:ローズマリー、セージ、ゼラニウム、ウォーター・ノーツ
ラストノート:ラブダナム、アンブロキシド

エントリーでP10倍LV ルイ・ヴィトン/リマンシテ/100ml/LP0052/ルイ・ヴィトン/Sランク/83【中古】

価格:29,800円
(2022/5/25 13:38時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました