クリスチャン・ディオール

ヒプノティック・プワゾン・オーセンシュアル (フランソワ・ドゥマシー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

香水名:ヒプノティック・プワゾン・オーセンシュアル Hypnotic Poison Eau Sensuelle オード・トワレ
ブランド:クリスチャン・ディオール
調香師:フランソワ・ドゥマシー
発表年:2010年(日本未発売)
対象性別:女性
価格:不明






トップノート:イランイラン、オレンジ・ブロッサム、ダマスクローズ
ミドルノート:オーキッド(ランの花)、チュベローズ、グリーン・ノーツ
ラストノート:サンダルウッド、バニラ、ムスク、ウッディ・ノーツ

ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーによる調香です。オリジナルの「ヒプノティック・プワゾン」のジャスミンの代わりにイランイランを使用し、オレンジ・ブロッサムとオーキッドによってより華やかなフローラル・オリエンタルな香りにリニューアルされています。

キャンペーン・モデルとしてモニカ・ベルッチが、アルフレード・カタラーニ作曲による歌劇『ワリー』の「さようなら故郷の家よ」の中の〝あの白い雪のどこかへ、あの黄金の雲のどこかへ〟と歌うマリア・カラスの歌声に乗せて官能的な姿を見せます。



カテゴリー一覧

ファッションアイコン(女優編)

PAGE TOP