究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

【ペンハリガン】ハマンブーケ(ウィリアム・ペンハリガン)

その他
©Penhaligon's
その他ブランドペンハリガン調香師香りの美学
この記事は約6分で読めます。

ハマンブーケ

原名:Hammam Bouquet
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:ウィリアム・ペンハリガン
発表年:1872年
対象性別:男性
価格:100ml/20,500円

ペンハリガン PENHALIGON`S ハマン ブーケ オードトワレ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 メンズ 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:800円
(2020/4/21 04:18時点)
感想(1件)

スポンサーリンク

ペンハリガンというブランドの神秘性

©Penhaligon’s

ペンハリガンの創業者であるウィリアム・ペンハリガンには、謎が多い。それは公式データにおいても、最初の理髪店が、1870年にオープンしたという記載と、1874年にオープンしたという記載の二種類存在することからも窺い知れます(ただし、創業は1870年で統一されている)。

真実はこうです。ウィリアムは、1837年1月27日にコーンウォールにある港町ペンザンスに生まれました。1861年から、地元で理髪師兼調香師として働いていた彼は、1869年に、一家でロンドンに住居を移します。

そして、ジャーミン・ストリートにあるハマムで理髪師として働くようになるのでした。やがて、彼は、ここで香水も販売するようになり、1872年に最初の香り「ハマンブーケ」を誕生させることになるのでした。一説によると、「ハマンブーケ」とはこのハマムの店名らしいです。

1874年に、理髪師の先輩であるジーベンスとこのハマンを購入します。そして、1880年にジャーミン・ストリート66番地(1903年には初代ジェームズ・ボンド御用達のシャツメーカー、ターンブル&アッサーもここに店を構えた)に理髪店兼香水ショップ「ペンハリガン&ジーボンス」をオープンしました。

1891年に、二号店がセント・ジェームス・ストリートにオープンし、1904年にウィリアムが亡くなると、既に亡くなっていたジーボンスの名はブランド名から取り除かれたのでした(1941年のロンドン大空襲で本店とハマムは共に破壊されました)。

トルコ式大衆浴場の香り

ウィリアムが働いていたハマムのイラスト(1862年)。

この香りの名を聞いて、Zガンダムのハマーン・カーンを想い出したのは私だけでしょうか?

ハマム(ハンマーム)とは、トルコ式大衆浴場であり、スチームバスの他、あかすりやマッサージ、理髪のサービスを受けることが出来ました。それはトルコをはじめとするイスラム文化圏におけるカフェのような社交場の役割も担う場所でした(ローマの浴場文化を継承している)。

ヴィクトリア朝時代の1860年に、ロンドンに最初のハマムが建てられ、大流行することになります。そして、ウィリアムもそんな流行の最先端に乗り、ハマムお抱えの理髪師となり、日々そこから漂う硫黄やマッサージオイルの香りを嗅ぎ、すっかりその神秘的な香りに夢中になったのでした。

そして、1872年にハマンブーケを調香したのでした(トルコのスルターンから依頼を受けて作られたという伝説もある)。

スチームバスの硫黄の香りを連想させるつぅ~んと強烈なベルガモットとラベンダーのブレンドからこの香りははじまります。すぐにターキッシュ・ローズのグリーンな香りが、シダーとフィエンツェ産のアイリス、ジャスミンとブレンドされ、甘さを廃したフローラルな香りとなります。

そこに大量に投入されるのが、シベット、アンバーグリス、ムスクのアニマリックな芳香です。

ニオイ・イリスの根茎と組み合わされたサンダルウッドを中心に展開するドライダウンには、先のターキッシュローズとアニマリックな残香が見事に絡み合い、とてもパウダリーかつ官能的な温かさに包み込みます。

つまりは「ハマムの硫黄と汗」の香りとなるのです。

スポンサーリンク

ルキノ・ヴィスコンティの香り

ルキノ・ヴィスコンティ、1936年。

この香りは、マリア・カラスを創造した男ルキノ・ヴィスコンティが溺愛した香りでした。そして、カラスもヴィスコンティから漂うこの香りを愛していました。彼が演出するベッリーニの『夢遊病の女』でアミーナを演じた時、彼のハマンブーケをハンカチに染み込ませ役柄に没頭する手助けにしていました。

更に、後に『ロミオとジュリエット 』(1968)を撮る名匠フランコ・ゼフィレッリ(1923-2019)もこの香りを愛していました。

彼は1940年代にヴィスコンティの助手をしていたのですが、その時の感想として、「ヴィスコンティを一言で形容すると、エレガント。カスタムメイドしたシャツから靴、美しい邸宅、声、マナー、その全てが貴族的な空気に満ちていました」。

「本当に私の人生でこれほど魅惑される男性に出会ったことはありません。いつもステキな香りを漂わせている人でした」(更に、朝夕2回ペンハリガンのバスオイルの入った風呂に浸かり、そこで助手に翌日の仕事の流れを伝えるのでした)。

その香りこそ、ハマンブーケであり、ゼフィレッリは、後にペンハリガンを買収したのでした。

そんなハマムブーケが、2003年に再販されることになったのでした。

ルカ・トゥリンは『世界香水ガイド』で、「ハマンブーケ」を「ウッディフローラル」と呼び、「ウッドを背景にラベンダーとローズがたっぷり使われている。オリジナルの処方は物憂い感じでみごとに仕上がっていたはずだが、最近のものは、やや粗く感じる。おそらく原料の多くがもはや入手困難であったり高価過ぎるためだろう。」と3つ星(5段階評価)の評価をつけています。

スポンサーリンク

香水データ

香水名:ハマンブーケ
原名:Hammam Bouquet
種類:オード・トワレ
ブランド:ペンハリガン
調香師:ウィリアム・ペンハリガン
発表年:1872年
対象性別:男性
価格:100ml/20,500円


トップノート:ベルガモット、ラベンダー
ミドルノート:ローズ、シダー、ジャスミン、ニオイ・イリスの根茎
ラストノート:サンダルウッド、アンバー、ムスク

ペンハリガン PENHALIGON`S ハマン ブーケ オードトワレ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 メンズ 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:800円
(2020/9/17 15:45時点)
感想(1件)

タイトルとURLをコピーしました