ボンド・ガール

ジェマ・アータートン 『007 慰めの報酬』4(2ページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品名:007 慰めの報酬 007 Quantum of Solace (2008)
監督:マーク・フォースター
衣装:ルイーズ・フログリー
出演者:ダニエル・クレイグ/オルガ・キュリレンコ/ジェマ・アータートン/マチュー・アマルリック



2018年現在最もホットな女優の一人。

ケイト・ブッシュを崇拝するクリエイティブな事が大好きな、ちょっぴり(?)露出好きなところのあるジェマ・アータートン。

間違いなくこれからの時代を代表することになる女優の一人です。

その肉感的なボディ・ラインと神秘的なルックスは、ボンドガールよりもヒッチコックのヒロインのようなイメージです。

どこか東洋的なルックスを持つエキゾチックな風貌。

身長170㎝。ロンドンの王立演劇学校出身の本格派です。

もう一人のボンド・ガールであるストロベリー・フィールズを演じるのは当時新人女優だったジェマ・アータートン(1986-)です。父親は溶接工、母親は清掃員というイングランドの労働者階級に生まれ、しかも多指症で両手に指が6本ずつありました(すぐに手術で切断)。

そして、僅か5歳で両親は離婚し、母親に引き取られます。しかし、この母親はよく出来た母親で、昼夜懸命に働きながら、娘の才能を伸ばすために、積極的に援助を惜しみませんでした。そして、ジェマは、ロンドンの王立演劇学校の奨学金を得ることになったのです。在学中に約1500人の女優の中から彼女はボンドガールに選ばれたのでした。



見よ!ジェマが敬愛するケイト・ブッシュを!




ジェマが、最大級に敬愛するアーティストがケイト・ブッシュです。彼女は、僅か19歳で『嵐が丘』により1978年にデビューし、全英No.1ヒットに輝きます。そして、2014年にロンドンで22日間に渡るカムバック・コンサートを行います(もちろんジェマは、初日のコンサートに訪れる)。

ケイト・ブッシュのバレエとパントマイムを組み合わせた独創的なダンスと高い歌唱力が融合されたミュージック・ビデオやコンサートは、芸術の領域に達しております。



全裸にトレンチ・コート・スタイル。

どうやら彼女は、トレンチコートの下に何も身に付けていないらしい。

なぜ彼女が全裸の上にトレンチコートを着ているのかは誰もわからない。

全裸であることがよく伝わるオフショット。

この使用感たっぷりのトレンチコートがまた良い。

ボンドガール・スタイル4 トレンチコート
  • 全裸の上からカーキのマッキントッシュのトレンチコート
  • キャメルレザーのスエードのロングブーツ

ジェマ・アータートンは、どうやら全裸の上にトレンチコートを羽織っているらしい。彼女が演じるストロベリー・フィールズという役柄の奇妙さ。彼女は何をしに現れ、殺されていったのだろうか?もしかしたら、元々が、ボンドに対する性的な接待係だったのだろうか?

問題のストロベリー・フィールズとボンドのラブシーン。

このシーンが、ジェマの撮影の初日のシーンでした。



ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. オードリー・ヘプバーン17 『噂の二人』(4ページ)
  2. グレース・ケリー7 『ダイヤルMを廻せ!』2(2ページ)
  3. ジェーン・シーモア3 『007 死ぬのは奴らだ』5(3ページ)
  4. エリザベス・テイラー7 『バターフィールド8』2(2ページ)
  5. ヴィヴィアン・リー3 『風と共に去りぬ』3(3ページ)
  6. グレース・ケリー2 『泥棒成金』2(3ページ)
  7. カトリーヌ・ドヌーヴ3 『昼顔』3(4ページ)
  8. ヴィヴィアン・リー2 『風と共に去りぬ』2(2ページ)

女性目線の男磨き

PAGE TOP