究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

『007 慰めの報酬』Vol.7|ジェマ・アータートンとプラダとトレンチコート

ファッション・ブランド
ファッション・ブランド プラダ ボンド・ガール 女を磨くアイコン 映画女優
この記事は約6分で読めます。

もう一人のボンドガール、ジェマ・アータートン

もう一人のボンド・ガールであるストロベリー・フィールズを演じるのは当時新人女優だったジェマ・アータートン(1986-)です。父親は溶接工、母親は清掃員というイングランドの労働者階級に生まれ、しかも多指症で両手に指が6本ずつありました(すぐに手術で切断)。

そして、僅か5歳で両親は離婚し、母親に引き取られます。しかし、この母親はよく出来た母親で、昼夜懸命に働きながら、娘の才能を伸ばすために、積極的に援助を惜しみませんでした。

そして、ジェマは、ロンドンの王立演劇学校の奨学金を得ることになったのです。在学中に約1500人の女優の中から彼女はボンドガールに選ばれたのでした。

ケイト・ブッシュを崇拝するクリエイティブな事が大好きな、ちょっぴり(?)露出好きなところのあるジェマ・アータートン。

その肉感的なボディ・ラインと神秘的なルックスは、ボンドガールよりもヒッチコックのヒロインのようなイメージです。

どこか東洋的なルックスを持つエキゾチックな風貌。

身長170㎝。ロンドンの王立演劇学校出身の本格派です。

スポンサーリンク

見よ!ジェマが敬愛するケイト・ブッシュを!

Kate Bush – Babooshka – Official Music Video
Kate Bush Wuthering Heights.

ジェマが、最大級に敬愛するアーティストがケイト・ブッシュです。彼女は、僅か19歳で『嵐が丘』により1978年にデビューし、全英No.1ヒットに輝きます。そして、2014年にロンドンで22日間に渡るカムバック・コンサートを行います(もちろんジェマは、初日のコンサートに訪れる)。

ケイト・ブッシュのバレエ(特にモーリス・ベジャールの振り付け)とパントマイムを組み合わせた独創的なダンスと高い歌唱力が融合されたミュージック・ビデオやコンサートは、芸術の領域に達しております。

全裸にトレンチコート・スタイル

ジェマ・アータートンは、どうやら全裸の上にトレンチコートを羽織っているらしい。彼女が演じるストロベリー・フィールズという役柄の奇妙さ。彼女は何をするために現れ、殺されていったのだろうか?もしかしたら、元々が、ボンドに対する性的な接待係だったのでしょうか?

なぜ彼女が全裸の上にトレンチコートを着ていたのかは誰にもわからない。

問題のストロベリー・フィールズとボンドのラブシーン。

このシーンが、ジェマの撮影の初日のシーンでした。

スポンサーリンク

ストロベリー・フィールズ・ルック1

トレンチコート
  • 全裸の上からカーキのマッキントッシュのトレンチコート
  • キャメルレザーのスエードのロングブーツ

どうやら彼女は、トレンチコートの下に何も身に付けていないらしい。

全裸であることがよく伝わるオフショット。

この使用感たっぷりのトレンチコートがまた良い。

スポンサーリンク

プラダを着たもう一人のボンドガール。

すごくカーヴィーなボディラインです。

そして、もう一人のボンドガール・オルガ・キュリレンコと同じく、プラダのカクテルドレスを着るジェマ。大きな天然石のネックレスとの不思議なバランスが少し野暮ったさを感じさせます。

スポンサーリンク

ストロベリー・フィールズ・ルック2

プラダ・カクテルドレス
  • プラダのノースリーブ・カクテルドレス、ウエストにシルバーボウ
  • 天然石のオーバーサイズ・ネックレス






スポンサーリンク

ゴールドフィンガーのように死す。

全身、原油まみれになって死す。

『007/ゴールドフィンガー』へのオマージュです。

そして、最終的には、ストロベリー・フィールズは、ホテルのベッド上で全裸の全身に原油を塗りたくられて死にます。

これは『007/ゴールドフィンガー』におけるシャーリー・イートンの全身に金粉を塗られて死んだシーンへのオマージュでした。それは美しいかどうかも分からないカメラアングルの悪さで演出された007シリーズ屈指の無駄な死に様でした。

Bond Girl 007 Парфумна вода

エイボンによりタイアップされ、フィルメニッヒに調香を依頼し、販売されたフレグランス「ボンドガール007」。

作品データ

作品名:007 慰めの報酬 Quantum of Solace(2008)
監督:マーク・フォースター
衣装:ルイーズ・フログリー
出演者:ダニエル・クレイグ/オルガ・キュリレンコ/ジェマ・アータートン/マチュー・アマルリック

タイトルとURLをコピーしました